ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

原 桐子 text by Hara Tohko 
[2014.11.10]
From Osaka -大阪-

ラブロフスキー版にもとづいた壮麗な悲劇『ロメオとジュリエット』法村友井バレエ団」

法村友井バレエ団
『ロメオとジュリエット』法村牧緒:振付(ラヴロフスキー版にもとづく)

『ロメオとジュリエット』は1930年代頃から様々な振付家によって、多くのものが作られ世界中のバレエ団がレパートリーに持つ演目。中でもロシアのラブロフスキー版はシェイクスピアの原作に忠実な作りだ。日本のバレエファンにとってはクランコ版、マクミラン版、ヌレエフ版などが広く知られていて、ラブロフスキー版は意外と見る機会が少ないかもしれない。しかしこの版はクランコ版、マクミラン版の前に作られていてベースとなっているとも思われその歴史は長い。そのラブロフスキー版にもとづいた法村牧緒版『ロメオとジュリエット』を法村友井バレエ団で見た。

osaka1411c_0499.jpg 撮影:尾鼻文雄

この版の特徴は、幕間だけでなくほとんど場面ごとにいったん幕が下ろされ、再び幕が開く構成になっていて、マイムなどによる芝居の場面とソリストやコール・ド・バレエによるディヴェルティスマン的に純粋に踊られる場面とそれぞれ楽しめる。(ほとんど暗転すらしないノイマイヤー版とは構成において対極にある。)
他にはキャピレット家の舞踏会に乗り込んでいくロメオ、マキューシオ、ベンヴォーリオのパ・ド・トロワなどは幕が下りて幕の前で踊られる。ロメオがティボルトを殺してヴェローナを追放されマントバの街をさまよう場面のヴァリエーションや、ロレンス神父がロメオにあてた手紙の行方、両家の最後の和解の場面などが同じように幕前で踊られるある。
ジュリエットには昨年、同バレエ団『白鳥の湖』のオデット、オディールを踊り文化庁芸術祭、新人賞を受賞した法村珠理。ロメオは松岡伶子バレエ団の碓井悠太。
ロメオひとりが物思いにふけりながら現れる冒頭のシーンには、ロザラインは登場せず、ヴェローナの広場にロレンス神父の姿がある。神父は街の人たちとふれあい、キャピレット家とモンタギュー家の争いごとを嘆き見守っている。両家はヴェローナ大公にたしなめられても大公の姿が見えなくなった途端、すぐさま剣を抜いて再び争い始める。これは両家の憎しみ合いのすさまじさをより激しく感じさせた。

osaka1411c_2009.jpg 法村 珠里、碓氷 悠太 撮影:尾鼻文雄

物語の主人公と同じ名前を持つ法村珠理、その名前のイメージ通り可憐で初々しいジュリエットだった。碓井悠太のロメオは粗野なところはなく、どちらかというと荒っぽいことは苦手なナイーブな青年のよう。ふたりとも優しい穏やかな雰囲気だ。
バルコニーのパ・ド・ドゥはふたりの心に愛が芽生えたことを手探りで確かめあうような繊細さ。激情に身を任せるような若さは感じられないが、弦の響きに寄り添って並んで見つめ合い、徐々に愛が高まっていく様子が、美しいリフトなどで丁寧に踊られた。
ロレンス神父の庵はとてもシンプルで、この素朴なセットが、ふたりだけで挙げるひそやかな結婚式の場に合っている。神前の誓いのパ・ド・ドゥはゆったりしたアラベスクが音楽に溶け込んでいくようで、ささやかなひと時の幸せにひたるふたりが感動的だった。。
一転してマキューシオの死。友の死に逆上してティボルトを刺してしまうロメオ、と目まぐるしく痛々しい悲劇がつづく。

そして最終幕。ロメオとジュリエットは自然体の演技でひとつひとつのパに感情が込められていて良かった。ジュリエットとロメオは墓場で入れ違い、運命によって死に行くふたりの絶望が伝わってきて心に沁みた。
主役のみならずマキューシオ(法村佳緒)、ベンヴォーリオ(内野 晶博)、ティボルト(今村泰典)の踊りは物語に深みを与える会心の踊り、ヴェローナの広場で踊ったジプシーの3人娘(西尾睦生、堤本麻起子、坂田麻由美)、ピエロ(中尾早織、末原雅広)などテクニックに優れたダンサーたちが愛の悲劇に華をそえた。
(2014年10月12日 大阪 フェスティバルホール)

osaka1411c_0567.jpg 西尾睦生、堤本麻起子、坂田麻由美 撮影:尾鼻文雄 osaka1411c_0723.jpg 法村 圭緒、今村 泰典 撮影:尾鼻文雄
osaka1411c_1591.jpg 碓氷 悠太、法村 圭緒、内野 晶博 撮影:尾鼻文雄 osaka1411c_2129.jpg 中尾早織、末原雅広 撮影:尾鼻文雄
osaka1411c_2221.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1411c_7954.jpg 撮影:尾鼻文雄
osaka1411c_7870.jpg 『ロメオとジュリエット』撮影:尾鼻文雄