ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2014.05.12]

阪神・淡路大震災の翌年から続けられている貞松・浜田バレエ団「ラ・プリマヴェラ〜春」

貞松・浜田バレエ団
『タチヤーナとオネーギン』、『ブラジレイラス』漆原宏樹:振付、『ドン・キホーテ』第1幕から 貞松正一郎:再演出・振付

2年に一度、春に行われる貞松・浜田バレエ団の「ラ・プリマヴェラ〜春」。阪神・淡路大震災の翌年に初開催されてから続いてきた。最近は、若手有望株のダンサーのパ・ド・ドゥを見比べられることが、とても楽しい舞台だ。今回も、ラスト第3部は、3月末に東京NHKホールで行われた「NHKバレエの饗宴」で上演した『ドン・キホーテ』第1幕よりのお披露目だったが、第1、2部は若手中心のコンサート。最近、主役の機会も出てきた川崎麻衣をはじめ、通常の公演ではソリストやコール・ド・バレエで活躍している若手ダンサーたちが、存分に魅力を発揮した。テクニックに優れたダンサーが多く、自然な表現力を持ったダンサーも多い。それぞれ個性があり、踊っている演目以外の似合う役柄を想像しながら見比べた。彼女たち、彼らたちが、次の主役候補……と思うと、本当に人材の層の厚いバレエ団だと思う。

osaka1405b_04.jpg 『タチヤーナとオネーギン』
撮影:古都栄二(テス大阪)

クラシック・バレエのグラン・パ・ド・ドゥが次々と上演される中、今回、特に印象に残ったのは、漆原宏樹振付の2作品。角洋子と川村康二の『タチヤーナとオネーギン』と小田綾香と水城卓哉による『ブラジレイラス』だ。もちろん、振付の良さがあり、それを技術的にも伸び盛りのダンサーが作品の本質的なことに、真剣に向き合って仕上げたことが感じられた。
『タチヤーナとオネーギン』は、はじめのアームスが伸びやかで柔らかいタチヤーナ(角)のソロが流れるようでとても美しく、後半では感情と理性の葛藤が伝わり、短い作品ながらドラマが感じられた。『ブラジレイラス』はラテンの魅力を憂いを持って踊る作品。ヴェテランダンサーが踊るともっと違う味が出るのだろうが、2人ともクラシックで鍛えられた美しいラインを活かして、不思議な憂いや色っぽさを感じさせた。
そして、ラストは『ドン・キホーテ』第1幕より。幕が開くと、パーッと明るいスペインの街角。華やかな瀬島五月のキトリ、優しげなアンドリュー・エルフィンストンのバジル。正木志保のスキッとした街の踊り子に格好良さが増した武藤天華のエスパーダ、それに若手伸び盛り、川崎麻衣と上山榛名のピッキリアとジュアニッタ。群舞も含めて、きちんとしたバレエテクニックの上に、楽しませる気概に溢れた舞台だった。理屈抜きに、バレエの楽しさ、舞台の楽しさを実感できた。
(2014年4月11日 兵庫県立芸術文化センター)

osaka1405b_01.jpg 『サタネラ』撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1405b_02.jpg 『ラ・シルフィード』撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1405b_03.jpg 『グラン・パ・クラシック』撮影:古都栄二(テス大阪) osaka1405b_06.jpg 『ブラジレイラス』撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1405b_09.jpg 『ドン・キホーテ』撮影:波片一乃(テス大阪) osaka1405b_10.jpg 『ドン・キホーテ』撮影:古都栄二(テス大阪)
osaka1405b_07.jpg 『ドン・キホーテ』撮影:波片一乃(テス大阪)