ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2014.02.10]
From Osaka -大阪-

日本の物語を題材にした『須佐之男』──オリジナル演目を上演した北山大西バレエ団

『須佐之男』大西縁:振付

2年ぶりに、北山大西バレエ団の公演を観た。

osaka1402c_06.jpg

若いダンサーが多いだけに、2年開くと、成長に目を見張るダンサーもいて楽しめる舞台だった。特に印象に残ったのは、佐々木大をパートナーに『エスメラルダ』よりグラン・パ・ド・ドゥを踊った山田梨央。柔軟性や高いテクニックのある彼女のようなダンサーは、ともすれば表現が通り一遍のものになってしまう危険性も・・・と思うが、彼女は、とても自然に華のある表現を伸び伸びとしていた。まだ高校生ということ、これからの成長に期待したい。
『ドン・キホーテ』より夢の場では、その山田がドルシネアを踊り、的場涼香が先輩らしく森の女王を、キューピッドは落ち着いた柔らかい雰囲気も感じられる水谷有梨。
また、ラストのこのバレエ団のオリジナル作品『須佐之男』は、あの八岐大蛇の話をバレエ化したもので、ミュージカル仕立てとも感じられるもの。ここでは、須佐之男を水谷有梨、おろちの頭を山田梨央、村長の娘を合野史保、天照大神を的場涼香が踊り、たくさんの子供たちとともに日本のお話を誰にでも伝わるバレエに仕上げていた。
(2014年1月12日 大阪国際交流センター大ホール)

osaka1402c_03.jpg osaka1402c_04.jpg osaka1402c_07.jpg
osaka1402c_02.jpg osaka1402c_05.jpg
osaka1402c_01.jpg 撮影:Group・One Co.,ltd.(すべて)