ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

原 桐子 text by Hara Tohoko 
[2013.12.10]
From Osaka -大阪-

サヴィチェフと奥村唯のパートナーシップ、ミコのアラビアなど幸福感の溢れる舞台

地主薫バレエ団
『シンデレラ』地主薫:改訂振付、ロスチスラフ・ザハーロフ:原振付

地主薫バレエにとっては節目となる創立25周年記念公演『シンデレラ』を観た。
このヴァージョンは、シャルル・ペローによる童話に基づいて創られたザハーロフ版を地主薫が改訂したプロローグ付きの全3幕である。
プロローグでは、紗幕の向こう側でシンデレラの母が生きていた幸せだった子供時代から母が死に、その後、継母と義姉妹がやってくる過程が演じられた。このプロローグにより自然な流れで第1幕の幕が開く。
まず、凝った舞台美術に目をみはる。シンデレラの部屋は2階にある屋根裏部屋。
これが想像力をかきたてる。シンデレラの部屋が上階の片隅にあることにより、肩身の狭い思いをしながら生活しているのが、観客に実感として伝わる。
シンデレラは初役となる奥村唯、役には似合いのダンサーだ。シンデレラの控えめな優しさ、それがとてもぴったり彼女にはまっている。仰々しさがなく、優れた技術もあるうえ演技も自然で好感が持てる。
シンデレラの義姉の中弥智博、義妹の末原雅広の踊りは意識しなくてもついつい目がいってしまう。ポワントもはけるのではないかと思うくらいの高い技術は無論のこと、演技もすばらしく絶妙な間の取り方、どの幕でもくすくすと笑いがあちらこちらから聞こえる。継母の尾関夢惟の軽やかでエネルギーのある踊りとも相性がよく、見ていてとても楽しめる。舞踏会の用意で出入りするかつら屋、宝石屋など脇もよいダンサーがもりあげていた。

osaka1312a_01.jpg (C)尾鼻文雄&尾鼻葵&Officeobana osaka1312a_02.jpg (C)尾鼻文雄&尾鼻葵&Officeobana

妖精の森の場面、華やかなディヴェルティスマンが目にも鮮やかだ。仙女を演じたのはタチアナ・チェルノブロフキナ。この仙女の登場にからみ、バレエではあまり見かけない照明が使われた。客席に向かってうごめくムービングライトは初めての経験かもしれない。仙女の存在感もあいまって、まるでそれが魔法そのもののように感じる心理的効果を生みだした。
シンデレラが変身してかぼちゃの馬車でお城へ向かうシーン。このお話の中ではこの場面がいちばん好きな方も多いのではないだろうか。この場面のファンタスティックな美しさには大人でもわくわくしたはずだ。
四季の精で印象に残ったのは秋の精の間瀬愛実子、宗近匠ペア。バランスもさることながら流れるような動きがよかった。

osaka1312a_06.jpg (C)尾鼻文雄&尾鼻葵&Officeobana

王子役にはボリショイ・バレエよりアントン・サヴィチェフをゲストで迎えた。最初は少し固さが気になったものの、幕が進むにつれ調子も上がってきたのかノーブルな雰囲気のなかにも、王子ならではの純粋さが垣間見え、丁寧に踊っていたように思う。
宮殿の場面では恵谷彰扮するピエロが登場。圧巻のテクニックで客席をわかせた。
この公演は女性陣はもちろん、男性ダンサーが実力派揃いで見応えがあった。
豪華な舞踏会のセットを背景にパヴァーヌ、マズルカを踊る人、オレンジを踊る人、楽しいディヴェルティスマンが次々と踊られた。
そして、王子とシンデレラの幸せなひとときもつかの間、12時を迎え、シンデレラは大慌てで去っていく。
3幕、王子がガラスの靴の持ち主を探す旅にでるのだが、旅の様子がきちんと描かれ、王子が躍起になっているところがおもしろい。
スペイン、アラビアの踊りが披露され、映画『ファースト・ポジション』などによって知られたミコ・フォーガティが生き生きとアラビアを踊った。伸び盛りなのであろう、今後が楽しみなダンサーの一人だ。
サヴィチェフと奥村のパートナーシップも相性がよく、王子とシンデレラが出会い、ふたりで舞踏会を抜け出して踊り続けるところなど、惹かれあっていく様子が良く表れていた。
最後を飾ったシンデレラと王子のパ・ド・ドゥはいよいよ美しく、満点の星に祝福されているようなオーラに包まれ、観客ともども幸せな気分にさせてくれた。
代表の地主薫も語っていたとおり、絵本のページをめくるような楽しさにあふれる公演だった。
(2013年11月7日 フェスティバルホール)

osaka1312a_03.jpg (C)尾鼻文雄&尾鼻葵&Officeobana osaka1312a_04.jpg (C)尾鼻文雄&尾鼻葵&Officeobana
osaka1312a_05.jpg (C)尾鼻文雄&尾鼻葵&Officeobana osaka1312a_07.jpg (C)尾鼻文雄&尾鼻葵&Officeobana