ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2013.07.10]
From Osaka -大阪-

関西縁の男性ダンサーが集って踊った篠原聖一、島崎徹、矢上恵子の3作品

Professional Dancer's Association
『Grand Concerto』篠原聖一:振付、『Patch Work』島崎徹:振付、『組曲PQ』矢上恵子:振付

関西に縁のある男性ダンサーを中心に、全国で活躍するダンサーが集って公演を行うPDA(Professional Dancer's Association)。その公演も3回目を迎えた。
今回は、篠原聖一振付『Grand Concerto』、島崎徹振付『Patch Work』、矢上恵子振付『組曲PQ』の3演目。

まず1つ目の『Grand Concerto』は、彼らがクラシック・バレエ・ダンサーだからこそ踊れる、白いタイツのクラシック・バレエのパを大切にした作品。佐々木大、末原雅広、末松大輔、塚本士朗、長谷川元志、牧村直樹、武藤天華、山本庸督、弓場亮太の9人のダンサーたちが、しっかりとしたクラシックを土台に彼らが踊っていることをあらためて感じさせてくれた。この作品の一部には佐々木大と末原雅広のロボット人形チックなコメディタッチのシーンもあって、篠原がこういった振付もするということが、私にはちょっと意外で興味深かった。

osaka1307a_01.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1307a_02.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)

2つ目『Patch Work』は、アジアンな音楽の中、虫のように床を這い回り、バック転したり、と1つ目とは対照的な作品。山口章や沖潮隆之、北村俊介などのベテランと、若手が入り交じって、クラシックから離れて、やんちゃな男の子そのもののように“素”で踊っている感じ。だが、その動きの奥にはクラシック・レッスンで作られたものが確かに活かされていて、自由な動きに見えても単にメチャクチャに動いているわけではない。大音響の中のパワフルな踊りに、祭りに引き込まれるように引き込まれた。

osaka1307a_03.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)  osaka1307a_04.jpg 撮影:文元克香(テス大阪)

そして3つ目、ラストは『組曲PQ』。この矢上の作品は2回目のPDAでも上演された。それがさらにパワーアップした感じ。これはズルイ(笑)を言いたくなるくらい客席にウケていた。私も楽しかった。有名な『パキータ』のパロディを男性ばかりで踊るのだが、男性ダンサーが揃って出演ということで客席はバレエ関係者が多くを占めている公演だ。『パキータ』を踊ったことがある人、何度も観たことがある人が多い。ウケないわけがない。ダンサーたちも楽しそうで、それでいて高テクニックを活かしたクラシックの動き、加えて矢上らしいコンテンポラリーのテクニカルな動きがふんだん。佐々木大のエトワールらしい存在感はもちろん、キューピットでも使われるヴァリエーションの音楽で踊った末原雅広の小鳥のような軽やかさ、福岡雄大と福田圭吾のアクロバティックにも見える鮮やかな踊り──福田圭吾の表情の豊かさもさすがで、いつまでも観ていたい、素直に楽しめる作品だった。
(2013年5月19日 森ノ宮ピロティホール)

osaka1307a_05.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1307a_06.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1307a_07.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1307a_08.jpg 撮影:岡村昌夫(テス大阪)