ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2013.02.12]
From Osaka -大阪-

久しぶりに法村圭緒が『ライモンダ』ハイライトを振付、主演した

法村友井バレエ団
『パリの喜び』京谷幸雄:振付、『ライモンダ』よりハイライト 法村圭緒:振付、
法村牧緒:芸術監督

法村友井バレエ団のクリスマス・シーズンの公演。今回、しばらくカンパニーを離れて活動していた法村圭緒も加わって、『ライモンダ』よりのハイライトを構成、振付。上田麻子をパートナーに、自らジャン・ド・ブリエンヌを踊った。
まず、第1部ではバレエコンサートとして6つの作品を上演。幕開けは中尾早織、高井景介、安武達朗による『人形の精』よりパ・ド・トロワで、テクニックを活かした踊りが楽しい。
秋のしっとりとした魅力を表現した『Autumn』を挟み、ロシアの庶民の表情豊かな様子がコミカルに表現された『おしゃべり女』。そして、アクロバティックな振りが伸び伸びとした河野裕衣と大野晃弘の『春の水』、民族舞踊を活かした『ロシアの大地』、コンサート最後には、友井唯起子の遺作である『花の生命(いのち)よりパ・ド・ドゥ』を堤本麻起子と今村泰典が踊った。これは、1973年に大阪国際フェスティバルで初演されたもので、公害の多い日本の再生を願って振付けられたものだという。身体にぴったりとしたタイツ姿でスタイルの美しさを活かし、情熱的に、大人だからこその踊りを見せてくれた。

osaka1302b_1276.jpg 『おしゃべり女』撮影:尾鼻文雄 尾鼻 葵 osaka1302b_1218.jpg 『春の水』撮影:尾鼻文雄 尾鼻 葵 osaka1302b_0215.jpg 『花の生命』撮影:尾鼻文雄 尾鼻 葵

第2部、法村圭緒の構成・振付による『ライモンダ』よりハイライトは、西尾陸生と大野晃弘のサラセン人の踊りや濱野樹里と小嶋直也を中心としたパナデロスといった民族舞踊の楽しさにまず引き込まれた。アダージオは、上田麻子と法村圭緒の主役カップルに、プラス2列8カップルのソリストで華やかに。このソリストたちが左右対称で踊ったのが印象的。法村圭緒がノーブルな魅力を見せたのはもちろんだが、上田がシンの強そうなキリッとした魅力を見せ、観客を引き込むセンスを持ったダンサーであることを感じさせた。コーダでの小嶋の歌うようななめらかなジャンプも印象的。
第3部は、京谷幸雄がジャック・オッフェンバックの曲に振付けた『パリの喜び』。コケティッシュな魅力を持ったオペレットスター(中内綾美)を描く画家(今村泰典)のシーンに始まり、パリのカフェを舞台にコミカルに繰り広げられる1幕物。デビューする娘を踊った法村珠里は、登場から華を感じさせ、富豪役の法村牧緒は若い女性に心が動く老人を飄々と演じてさすが。しっとりとした優しい雰囲気のラストで心温まる余韻を残して幕を閉じた。
(2012年12月22日 あましんアルカイックホール)

osaka1302b_0419.jpg 『ライモンダ』より 撮影:尾鼻文雄 尾鼻 葵 osaka1302b_8011.jpg 『ライモンダ』より 撮影:尾鼻文雄 尾鼻 葵
osaka1302b_2038.jpg 『パリの喜び』撮影:尾鼻文雄 尾鼻 葵 osaka1302b_2096.jpg 『パリの喜び』撮影:尾鼻文雄 尾鼻 葵 osaka1302b_0732.jpg 『パリの喜び』撮影:尾鼻文雄 尾鼻 葵