ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.09.10]
From Osaka -大阪-

堀内充の『カルメン』と山本庸督の『Kind of ‥‥』が競演した

Y.S.BALLET COMPANY
演出・振付:堀内充『カルメン』、山本庸督『Kind of...』

山本紗内恵が率いるY.S.BALLET COMPANYの5回目の公演を観た。今回の演目は、アメリカのサンタバーバラのバレエ団で活躍してきた山本庸督振付の『Kind of...』と、彼の大阪芸術大学での師である堀内充振付の『カルメン』。
まず上演された『Kind of...』は、お酒を飲むバーを舞台に大人の魅力がセンス良く出たダンス。舞台の上、上手でジャズバンドが生演奏するなかで進み、バレエのポアント・テクニックを使いつつ、アメリカ的なショーダンスの楽しさをふんだんに折り込んだ振付。結ばれて祝われるカップル、佐藤絵理と福田紘也を中心としながら、さまざまな人間模様が描かれた。なかで、酔いつぶれる脱力した姿もセクシーで魅力的な高井香織の表現力が目を引いた。
そして『カルメン』。こちらでは高井香織は献身的なミカエラを好演。悩むミカエラを気にする中、恋心が芽生えるカミロ(奥村康祐)とのシーンはどこまでも清純で、カルメン(佐野弘枝)とドン・ホセ(山本庸督)の破滅的な恋と、くっきりと対照的に見える演出に仕上がっていた。山本のホセは、さすがにさまざまな演目の舞台経験が多いことからだろう、細かい演技にも説得力があり良かった。佐野のカルメンも、しっかりした踊りで、はすっぱな雰囲気も出て魅力的だったのだが、欲を言えば、この役の場合はもっと強い妖艶さのようなものが出ると更に良かったように思う。また、エスカミーリョ(中井嵩人)のアイドルを思わせるような格好良さも印象的だったと共に、隊長スニガ(福岡雄大)の不気味なほどの存在感がさすがで、舞台をワンランク上に引き上げていた。
ちなみに、山本庸督と高井香織は、この秋から日本での活動を中心にしつつ、数ヶ月毎程度にゲストとしてアメリカで踊るという生活に変えていくそう。日本で観る機会が増えそうだ。
(8月4日 NHK大阪ホール)

osaka1209b_0216.jpg 撮影:OfficeObana osaka1209b_0328.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1209b_0020.jpg 撮影:尾鼻文雄
osaka1209b_4615.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1209b_2076.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1209b_2897.jpg 撮影:尾鼻 葵
osaka1209b_0045.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1209b_1288.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1209b_4928.jpg 撮影:尾鼻文雄