ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.09.10]
From Osaka -大阪-

多くのダンサーたちが妍を競ったMRBバレエスーパーガラ

MRBバレエスパーガラ
芸術監督:漆原宏樹、演出・企画制作・プロデュース:松田敏子

今年も盛大に開催されたMRBバレエスーパーガラ。松田敏子のプロデュースで、東西の魅力的なバレエ・ダンサーの踊りを一同に観ることができる催し、今回は21演目を楽しんだ。

osaka1209a2673.jpg 撮影:OfficeObana

どれもそれぞれ魅力的だったのだが、印象に残った演目をいくつか挙げていこう。渡部美咲と山本隆之による『白鳥の湖』第2幕よりのパ・ド・ドゥは、渡部の華奢で壊れてしまいそうな白鳥が、人間とは違う存在であることを実感させた。瀬島五月とアンドリュー・エルフィンストンの『ドン・キホーテ』第3幕のグラン・パ・ド・ドゥは、余裕を持った高いテクニックはもちろん、華やかさと気品、ストーリーを感じさせる表現力も良かった。また、主催の松田敏子は、プライベートでもパートナーである小嶋直也と『海賊』第1幕からのギュリナーラのグラン・パ・ド・ドゥを披露。前田奈美甫と恵谷彰の『アレルキナーダ』のグラン・パ・ド・ドゥも2人とも表情豊かでチャーミング、そしてパもきっちりとしていて品も感じさせた。英国ロイヤル・バレエで活躍し始めた金子扶生は先輩・蔵健太と『眠れる森の美女』より第3幕のオーロラのグラン・パ・ド・ドゥを踊った。ほんの少し観ないうちに、すっかり大人の香りを身につけた金子と気品のある蔵がこの演目にぴったりで魅せられた。

osaka1209a1030.jpg 撮影:OfficeObana

ソロ演目の方にも良いものがあった。『ライモンダ』のヴァリエーションで夢見るように柔らかな魅力を観せた奥野凜、知的な雰囲気が良い松本真由美、また、中村恩惠振付の『O Solitude』で、周りの空気との関わりを感じさせる踊りを見せた苫野美亜、ロボット的動きが秀逸な福田圭吾の『Witz』などだ。
そんな多くの演目のなかで最も印象に残ったのは、漆原宏樹の新作『へ長調』。楠本理江香と法村圭緒が踊った。画家ボディッチェリと、その亡き恋人を描いたバレエ、しなるような動きの残像が美しく、2人の想いが観客にしみ入るようで、振付、ダンサーともに秀逸であると感じた。踊った法村は、練習途中から、この画家の役が振付けた漆原自身を投影しているように感じながら踊り込んだのだと終演直後に話してくれたが、特別な深い想いが伝わるように思えた。
ラストは、ガムザッティに白石あゆ美、ソロルに秋元康臣というキャスティングでの『バヤデルカ』よりパダクション。小嶋直也のブロンズアイドル、法村圭緒、平林万里、朝比奈毬恵の太鼓の踊りなども目を引いた演目でフィナーレに繋いだ。
(2012年7月29日 グランキューブ大阪)

osaka1209a01726.jpg 撮影:OfficeObana osaka1209a02205.jpg 撮影:OfficeObana osaka1209a03169.jpg 撮影:OfficeObana
osaka1209a03240.jpg 撮影:OfficeObana osaka1209a03684.jpg 撮影:OfficeObana osaka1209a04282.jpg 撮影:OfficeObana
osaka1209a01518.jpg 撮影:OfficeObana osaka1209a03937.jpg 撮影:OfficeObana osaka1209a0148.jpg 撮影:OfficeObana