ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2012.03.12]
From Osaka -大阪-

ソロマハのアルブレヒト、今村泰典の踊りが光った『ジゼル』他、法村友井バレエ

演出・振付:法村牧緒(原振付:プティパ『ジゼル』、フォーキン『ダッタン人の踊り』)
法村友井バレエ団

吹田市文化振興事業団主催の法村友井バレエ団公演。まず上演されたのは『ジゼル』。ジゼル&アルブレヒトは、法村珠里とワディム・ソロマハ。
1幕で登場した法村のジゼルは、明るく華のある無邪気な女の子という印象。彼女らしい大きな魅力を持った踊りで、ヴァリエーションでは脚が高く上がるパンシェ、テクニックに問題のないアチュチュード・ターン、慎ましやかなバロネから、恋の喜び溢れるようなマネージと以前よりも良くなっていた。ソロマハもバレエテクニックはもちろん、演技、パートナーとしてのサポートなど、本当にきちんと高いレベルで舞台をこなす良いダンサーだと感じた。
また、今回、ヒラリオンの今村泰典が思った以上に目を引いた。彼はノーブルな役もこなすダンサーだが、このヒラリオンでは粗野な感じがよく出て物語運びのなかで重要な役割を上手くこなしていた。
そして狂乱から2幕。ここはジゼル役のダンサーにとって、とても表現が難しいものだと思う。以前、彼女のジゼルを観た時よりも、深くなっていることは感じたのだが、もっと出来るのではないか・・・と欲が出てしまう。さらなる成長を期待したいと思う。堤本麻起子は、恵まれたスタイルを活かしての美しいミルタ、もっと怨念のようなものが強く出ても良かったかもしれない。
『ジゼル』終演後には『ダッタン人の踊り』が上演された。この隊長を踊ったのも、ヒラリオン同様、今村泰典。荒々しい踊りを高いテクニックを見せて盛り上げ、とても良かった。今回は両方の作品で彼の魅力をあらためて感じたことになる。囚われの姫(中内綾美)の憂いのある表情、たおやかさも印象に残った。
(2012年2月11日 吹田市民会館メイシアター大ホール)

osaka1203b_0188.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1203b_0279.jpg 撮影:尾鼻文雄
osaka1203b_0473.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1203b_0777.jpg 撮影:尾鼻文雄
osaka1203b_0813.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1203b_8041.jpg 撮影:尾鼻文雄
osaka1203b_8057.jpg 撮影:尾鼻文雄 osaka1203b_8058.jpg 撮影:尾鼻文雄