ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2011.11.10]
From Osaka -大阪-

『ジゼル』と『ガイーヌ』を見事に踊った青木崇、大阪バレエカンパニー

振付監修:ワジム・シローチン『ガイーヌ』、振付:田上世津子『ジゼル』
大阪バレエカンパニー
osaka1111c01.jpg 『ジゼル』撮影:岡村昌夫(テス大阪)

今年の大阪バレエカンパニー公演の演目は、『ジゼル』全幕と『ガイーヌ』よりの抜粋。
まず上演されたのは『ジゼル』。ジゼル&アルベルト公爵は、このバレエ団の主役としてお馴染みの山下摩耶と青木崇。2人とも高いバレエテクニックを活かし、山下のジゼルは明るく性格の良い少女という印象、青木のアルベルトは、品格を感じさせながらも、いたずら好きの若者であることを思わせるチャーミングさが出ていて良かった。アルベルトがただ貴公子というのではなく、品を持ちつつも“若気のいたり”で、軽率な行動をしそうなキャラクターとして演じられるのは、その後の物語の展開を考えても納得できる。ただ、それは一歩間違えば品格を失いかねないことなのでとても難しいと思うが、青木はそこを上手く両立させて表現していた。
ジゼルの母ベルタは、この団体出身で新国立劇場で活躍する西川貴子、『ジゼル』の舞台を数多く経験していることを感じさせる自然なベルタだった。そして1幕で主役以外で特に眼を引いたのがペザントのデュエットをアンドレイ・クードリャをパートナーに踊った西田紗代。手脚を伸びやかに使ったフレッシュな印象の踊りが心地よかった。
2幕、ミルタは安積瑠璃子。長身を活かした堂々とした大きな動き、両脚が上に向かってしなるようなジュテに眼を奪われた。山下はテクニックがあるからこそ出せる素直な柔らかさを持ってジゼルを演じ、細かいアントルシャはさすが。そして、青木のとても高い確実なジャンプやヴァリエーションでの想いが爆発するようなアチュチュードターン、技術的に高いレベルというだけでなく、やるせない想いが、その激しい動きになっていることが感じられて、アルベルトの深い後悔がストレートに胸に響いた。

その後最後に上演されたのは、ハチャトリアン作曲の音楽に乗せたバレエ『ガイーヌ』より抜粋。踊りの見せ場を繋いでいく形だが、高いテクニックを持つダンサーが多いことをあらためて認識した。バラの娘達の踊りの中心を踊った大川杏菜は、楽しげな表情でドゥバン・アチュチュードのフェッテなどを難なくこなすし、シャラーホの上月佑馬(ゲスト)のジャンプのダイナミックさにも眼を奪われた。剣の舞の中心の安積瑠璃子は、妖艶な笑顔を振りまきながら眼に強い力を持って存在感たっぷりで素晴らしい迫力。ガイーヌとアルメンのデュエットは西田紗代と青木崇、素直な動きで空中での形が美しいジュテの西田、ジゼルでの伯爵ぶりと一転して力強く荒々しい魅力を見せた青木。本当に青木は、違ったタイプの役をどちらも素晴らしくこなす人だと思う。大人の色気が魅力的な高木志保のアイシャの踊りから、今回の監修もおこなったワジム・シローチン自身が登場してのクルド人の踊りで舞台は最高潮を迎え、全員でのレズギンカで華やかに幕を閉じた。
(2011年10月15日 八尾プリズムホール)

osaka1111c08.jpg 『ジゼル』撮影:正路隆文(テス大阪) osaka1111c12.jpg 『ジゼル』撮影:正路隆文(テス大阪)
osaka1111c04.jpg 『ジゼル』撮影:正路隆文(テス大阪) osaka1111c16.jpg 『ジゼル』撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1111c20.jpg 『ガイーヌ』撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1111c22.jpg 『ガイーヌ』撮影:岡村昌夫(テス大阪)
osaka1111c24.jpg 『ガイーヌ』撮影:岡村昌夫(テス大阪) osaka1111c30.jpg 『ガイーヌ』撮影:岡村昌夫(テス大阪)