ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2011.01.11]
From Osaka -大阪-

関西のコンテンポラリーダンスの先駆、ヤザキタケシの3作品

演出・振付:ヤザキタケシ
DANCE BOX

関西のコンテンポラリーダンスの先駆、ヤザキタケシの初期の作品2つと新作1つを組み合わせた公演が行われた。
どれもソロ作品で、興味深いのは、A、B、C、3つのプログラムが用意され、AとBでは、若いダンサーが作品を踊り分けたこと。イム・ジョンミ、下村唯、佐藤健大郎、森山未來、西岡樹里が出演した。
だが、私が観たのはCプログラム、ヤザキが3作品とも踊ったものだ。合計1時間あまりを、少々の暗転のみで休憩もなく、たった1人で踊りきるということだけでも少々驚いた。最初の作品は『スペース4.5(レッドトリッパー)』、1999年に初演された作品だ。赤い長袖シャツに茶色のズボン、赤い靴下のヤザキが、自らの体の可動範囲を確認するように床に寝ころび目安を決めて、正方形のスペースを白いテープで区切る。その限られた場所を使ってのダンス。メリハリを持って動ける身体を持ったダンサーであることを感じた。
続いては、もっとも古い作品で1995年初演の『不条理の天使』。イスがひとつ置かれた舞台、派手目のストライプ柄のスーツ姿でアメリカ的なエンターティメント性溢れるショーが展開される。ヤザキの表情はコメディアンそのもの、テンポも良くて引き込まれる。けれど、この作品はそれだけではない──死生観が現れた作品なのだ。ラスト、笑ってイスの上に立ち、首つりの縄に首をかける。すごく明るい首つり、笑顔・・・ものすごく衝撃的だった。これを観て私は、カフカの『断食芸人』を思い出した。人前で芸をする人間、芸をしようとする人間は、大なり小なりそんな面を持っているのかもしれない。
最後は今年の新作で『ミューザー(沈思者)』。下手前にあぐらをかいたヤザキが、色んな音をつぶやくところから。言葉ではない、擬音だったり動物のように吠えたり、お経のようだったり……。そして、それと組み合わせたダンス。不思議なおかしみがあって、小さな子供がキャッキャッと笑っていた。“ダンス”というジャンルでしか、創り上げられない世界だ。表現力を持った、センスの良い振付家であることを実感した。
(2010年12月5日 新長田・Art Theater dB)

osaka1101b01.jpg osaka1101b03.jpg
osaka1101b02.jpg osaka1101b04.jpg osaka1101b05.jpg

撮影:阿部綾子
※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。