ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2009.09.10]
From Osaka -大阪-

K★CHAMBER COMPANYのクラシック・バレエとコンテンポラリー・ダンスの夕べ

Part1・2 矢上久留美、Part3矢上恵子:演出・振付
K★バレエスタジオ
osaka0909c02.jpg

矢上香織、久留美、恵子の3姉妹が主宰するK★バレエスタジオ。ここで育ったダンサーたちによるカンパニー、K★CHAMBER COMPANYのコンサートが開催された。最近、ここから育ったダンサーたちの活躍は目を見張るものがある。特に新国立劇場バレエ団では出身ダンサーの活躍がめざましく、山本隆之は昨年9月唯一のプリンシパルに任命され、コール・ド・バレエの福田圭吾は「BALLET THE CHIC」公演のトワイラ・サープ振付『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』で主役に抜擢され、また福岡雄大がこの秋からソリストとして入団、さっそく10月の『ドン・キホーテ』でバジル役を踊ることが決まっている。他にもコンクール等での喜ばしい結果も多々。

そんなダンサーたちも出演したコンサートは、クラシックとコンテンポラリーを組み合わせたプログラム。1部は辻戸香世子と梶原将仁を中心に『スケートをする人々』(矢上久留美振付)。若者が明るく踊り繋ぎ、大人数での回転技などテクニックも楽しませてくれた。

osaka0909c01.jpg

2部は『ライモンダ』act3より。ライモンダを吉田千智、ジャン・ド・ブリエンヌを山本隆之が踊った。山本のノーブルで優しい雰囲気はやはり良い、吉田も同質の優しさがにじみ出た愛らしいライモンダで、2人の雰囲気がよく合っていた。アダージオは、主役にプラスして8カップルの合計9カップルで、とても華やかな仕上がり。

3部はコンテンポラリー、『fatal』カルメン組曲(矢上恵子振付)。はじまりはプロローグのように、幼い少女=幼少期のカルメン(桑田彩愛)が、大人の男性から虐待を受けているシーン。場面が変わると成長したカルメン(石川真理子)が、仲間の女性に暴力を振るっている──幼い頃の経験がカルメンのあの破壊的な性格を創ったということを現しているのだろう。
濃いピンクの衣装のカルメンに対し、白い衣装で純粋な性格を現した姿のホセ(福岡雄大)。石川のカルメンは表情の変化が良く、誘惑する姿に気迫を感じさせる。また、福岡のホセは滑らかで清らかなソロが素晴らしく、そこから彼の世界に引き込んでくれた。群舞もスピーディな動きがさすが。加えて、重要な役割を果たしたのが主役2人の“運命”を象徴する「運命」役で、井上裕加里と福田圭吾が踊った。エスカミーリョには山本隆之、やはり男女とも良いダンサーが多いことをつくづく感じる。

終わってカーテンコールかと思えばサプライズ演目。矢上恵子と福岡雄大(悪魔=devil)、福田圭吾(天使=Angel )の3人での『Ado』。先ほどピュアなホセを踊ったばかりの福岡が今度は黒い衣装で悪魔。別の演目である筈なのだが、どこか繋がるところもある気がする展開が面白い。振付の矢上恵子のなかでは繋がっていることなのかも知れない。
(2009年8月15日 吹田メイシアター 大ホール/写真(C) OFFICE URANUS)

osaka0909c03.jpg osaka0909c04.jpg osaka0909c05.jpg