ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2008.09.10]
From Miyazaki -宮崎-

伊達バレエ、西島千博振付『コンチェルト~黒の協奏曲~』

 九州の宮崎市で活動している、伊達バレエ団の「サマーバレエコンサート」を観た。夏真っ盛りで暑いことは確かに暑い。しかし、南国の夏は空が一段と高くぬけるようで、暑くても意外に気分が好い。
 JRの宮崎駅にほど近い宮崎市民プラザ。髪をひっつめにした小さなバレリーナやその家族の方たちが、会場の界隈に集まってにぎやかで華やかな雰囲気が漂う。
 第1部は伊達バレエ夏季合宿コンクール。第2部の冒頭では、スペシャルゲストに西田佑子を迎え、西島千博と『海賊』のグラン・パ・ド・ドゥを踊った。続いて、全日本バレエ・コンクールの九州南支部代表によるエキジビションが行われ、菊地結子、宇都宮愛理、小松由佳が、それぞれクラシックのヴァリエーションと創作作品を踊った。

 そしていよいよ、西島千博の演出・振付による新作『コンチェルト~黒の協奏曲~』の開幕となる。西田佑子と西島千博を中心に、伊達バレエ団とバレエスクールのセレクトメンバーが踊る舞台。音楽はバッハの協奏曲である。
 深いブルーの光が満ちてシャンデリアが輝く、クラシカルな格調の高い背景。黒いチュチュと黒いスーツを纏った西田佑子と西島千博が流れるように、バッハのリズムをステップにのせて踊る。コール・ドもテンポよく変幻するフォーメーションを手際よく、軽快に展開していく。西島千博がこのバレエ団に、既に何作かシンフォニック・バレエを振付けていることもあり、ダンサーたちの動きにはよどみがない。
 また、この『コンチェルト~黒の協奏曲~』は、日本バレエ協会50周年記念「全国合同バレエの夕べ」に、九州南支部の代表として東京文化会館で上演することが決まっているから、ダンサーたちの気持ちものっているのが客席に伝わってくる。(8月6日に上演された)
「黒いベルベットの上品な優雅さとダイヤのような煌めき」を表した、と西島は言っているが、<黒>という色彩の持つイメージの美しさをバッハの曲に溶け込ませて、洗練されたフォーメーションをダイナミックに展開させて描いている。じつに見応えのある南国の香りが仄かに感じられるバレエだった。
(2008年7月29日、宮崎市民プラザ[オルブライトホール])