ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2008.01.10]
From Osaka -大阪-

子供たちにも明快な展開で楽しい有馬龍子バレエ『くるみ割り人形』


 有馬龍子バレエは、夏の公演では主役にパリ・オペラ座など海外からゲストを招いて公演を行った。冬の『くるみ割り人形』は、主役もこの団体のダンサーたち、クララを吉岡ちとせ、王子はここで育ち、現在は新国立劇場で活躍する陳秀介が踊った。演出は有馬えり子。
 1幕、登場した吉岡は、華奢で、子どもであるクララ役の可愛らしさにとても自然に馴染むーー加えてベテランのテクニックを持つ。
 全体に、子供たちにもストーリーがはっきりと分かる展開で、誰もが楽しめた。ドロッセルマイヤー(高橋弘典)が、パーティで出してみせるアルルカン(酒井直希)、コロンビーヌ(田中幹子)、モレスク人(佐藤航)の3体の人形は、夜の戦いの場面やクララと王子の旅も一緒で、案内しているかのよう。雪の国は、福谷葉子と桑田充を中心に。福谷は控えめな表現が品良く魅力的。

 2幕のはじめは海の国。深海のブルーの美しさの中を、クララと王子が行き、ねずみの王様との戦いの続きがあり、ここでねずみをやっつける。そして、ディベルティスマンが続く“人形の国”へ。アラビア人形の横江舞は憂いのある雰囲気が良い。笠原千裕、池内沙耶香、末原雅弘による中国人形は、多彩な回転で明るく楽しく。花の王女の伝田陽美は脚も伸びやかに上がり、技術力を感じさせる。
 そして、グラン・パ・ド・ドゥ。吉岡は、ここでは押さえた華やかさで大人の魅力も見せてくれ、陳ののびやかなジュテ・アントゥールナンも印象的だった。
 そしてラスト、町を歩くドロッセルマイヤーがマントを広げると、中にたくさんの人形がついているのを観た時には、思わず笑ってしまった。
(12月2日 京都会館第2ホール)