ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2007.11.12]
From Osaka -大阪-

ホールの構造を活かしたカンパニーでこぼこの『ロミオ&ジュリエット』

 公演が行われたのは、通常コンサートホールとして使われている宝塚ベガ・ホール。バレエには少々狭そうだが、煉瓦の内壁で、舞台の上方部分には備え付けのバルコニーがあり、そこにパイプオルガンが設置されていて両脇にはステンドグラス。客席の周りも、同様のバルコニー状になっている。確かにこのバルコニーに『ロミオ&ジュリエット』は合いそう---中へ入ったとたん、そう思った。特別に準備されたのは、バルコニーから舞台に降りるための黒のイントレ、舞台奥にシンプルな段差くらいなようで簡単なセットだが、充分な雰囲気を醸し出していた。それに、要所要所で、パイプオルガンでの勝山雅世の生演奏もあり、素敵なコラボレーションだと感じた。
 

 福谷葉子(ジュリエット)

 この日、昼夜2公演で、ロミオは演出も手掛けた脇塚力が両方を、ジュリエットは昼が山崎史華で、夜が福谷葉子。
 脇塚の演出は、これまでの「でこぼこ」の公演も、ずっとそうだったように”現代っ子そのまま”の小劇場演劇にも通じるリアルさ。始まるとすぐに、欠伸しながら登場する男の子たち、結婚式のために神父(岩本正治)のところに走って行くロミオは少年そのもの、子犬のような無邪気さで神父にまとわりつく。彼自身の持つ雰囲気に、それは良く合っていた。
 昼の山崎史華は、お転婆な少女の雰囲気が良く出た現代っ子のジュリエット。明るく強いものが出せるダンサーに見えるので、彼女のキトリなども観てみたい気になった。大変な運命の中の微妙な表現には、正直なところもの足りなさはあったのだが、彼女はまだ20歳そこそこの筈。これから舞台を重ね、身につけていってほしい。
 夜のジュリエット、福谷葉子は、さすがに舞台経験も多く、よく考えてジュリエットを踊っていた。冒頭、少女の幼い感じを可愛らしく、押さえて表現。全体を通して控えめで清純な雰囲気。バルコニーのパ・ド・ドゥ、ロミオに手の甲にキスされて、飛んで行ってしまいそうなジュリエットだった。
 脇を固めたメンバーも昼夜で大分キャスティングが入れ替わったようだが、高須佑治、辰巳紗代、福井友美、椎山一輝の大道芸人は明るく楽しいテクニックで楽しませてくれたし、笠原千裕の乳母役も細かい演技が微妙で上手く、小さめの劇場だからこその楽しみを提供してくれた。
 

山崎史華(ジュリエット)福谷葉子(ジュリエット)


 

(10月14日、宝塚ベガ・ホール 昼夜公演を昼夜とも鑑賞)