ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2006.07.10]
From Osaka -大阪-

『ライモンダ』山口章振付『カルメン』ほか、国田美和バレエスタジオ

 大阪・上本町に開設されてから5周年を迎えた国田美和バレエスタジオ、最近あべのに新しいスタジオも完成し、充実した活動を重ねている。コンサートは、習い始めて間もない生徒から、主宰の国田美和までが出演してのものだった。

 第1部は『くるみ割り人形』よりクララの夢。クララを踊った広瀬舞奈は、素直なやさしい踊りに好感が持てる少女。金平糖の精は北村和子、王子を恵谷彰。金平糖は緊張が伝わってくるところもあったが品よく、優しげな王子が寄り添う雰囲気が微笑ましかった。

 第2部の小品集では、オープンクラスの大人の人たちの作品に続き、山口章が振付けた『カルメン』。カルメン役の国田美和とホセ役の山口章2人だけの踊り。ストーリーがあって進み、ダンスだからこその抽象性も上手く組み合わせた工夫が感じられる作品だった。国田は強く誘惑する表情も印象的、山口の迷いをみせるホセを演じる姿もなかなか良かった。山口の演技は最近、どんどん深みが出てきたように感じる。
 第3部は、ヴァリエーションとグラン・パ・ド・ドゥ。素直に品よく踊る生徒が多いのが印象的。また、回転が得意な子が多く、それを活かした振付も多かった。

※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

 第4部は、『ライモンダ』第3幕より。ライモンダを国田美和、ジャン・ド・ブリエンヌを逸見智彦。堂々とした雰囲気を持つ国田に、このグラン・パ・ド・ドゥはとてもよく似合う。アラベスクは伸びやか、全体的に華やかにスケール大きく、そして軸がしっかりしたシャープな速い回転は知性さえ感じさせる。逸見はさわやかな表情で決める部分はきちんと決めて。ジュニアたちをグラン・パ・クラシック、ヴァリエーションに、幼児や小学生を道化の踊りや、宮殿の少女達と少年、大人のオープンの人たちをチャルダッシュにと、どのクラスも力を合わせた作品がとてもよくまとまっていて、出演者全員の気持ちが上手く合わさって安心して見ていられる雰囲気の舞台だった。
(6月11日 大阪国際交流センター大ホール


※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。