ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2006.01.10]
From Osaka -大阪-

関西のダンサーが集ったクラシカルバレエシアターの『白鳥の湖』

 田中規子が代表をつとめるクラシカルバレエシアター。第4回目となる今回の公演は『白鳥の湖』全幕。演出振付は山本成伸。
 オデット・オディールを踊ったのは、今回初主役の池田麻由子。背が高く手足も長い彼女、その好条件を生かして伸びやかに踊っていた。特に高めに上げるアチュチュードに彼女の魅力が出ていて印象に残っている。オディールでは知的な雰囲気ものぞかせ、初主役とは思えないほど堂々としていた。まだ若い彼女、今後深みが加われば、もっと伸びていくだろう。

 王子はアンドレイ・クードリャ。1幕ラストのソロの部分は、心情的なことがもう少し伝わる踊りをしてほしかったという思いが残るが、3幕のヴァリエーションの無邪気な喜びの踊りには王子らしい魅力が感じられる部分があった気はする。
 他に印象に残ったダンサーはまずピエロの恵谷彰。1幕も3幕も彼の踊りが場を多いに盛り上げ、また締めていた。しっかりとしたテクニック、キレもノビもある動きが素晴らしく、アントルシャカトルなどは、足の甲が素晴らしく出ることでつま先がカーブするように内に入っているように見え、パの美しさに見入ってしまった。

 また、村人のひとりで、ヴォルフガングと絡む部分のあった芦塚康子。コミカルな表情の演技が可愛らしく、観客を引き込む魅力を持つ人。彼女は花嫁候補も踊ったが、そこでも表情の魅力を発揮していた。
 白鳥のコール・ド・バレエも美しいダンサーが多かったし、1幕のパ・ド・トロワや小さい四羽の白鳥、大きい四羽の白鳥、3幕の各デヴェルティスマンなどソリスト級は、それぞれ一定以上の技術を持ったダンサーたちが揃っているのを感じた。
(12月18日 びわ湖ホール 大ホール)
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。