ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.11.10]
From Osaka -大阪-

●足の甲の美しさに魅了された『ラ・シルフィード』と『グランドホテル』、法村友井バレエ団公演

 ブルノンヴィル版で上演された『ラ・シルフィード』、シルフィードは高田万里、ジェームズを法村圭緒。もっとも印象に残ったのは高田の足の甲の美しさ。シルフィードのロマンティック・チュチュからのぞく足首の美しさ、ブルノンヴィル特有の複雑な足裁きの美しさ、彼女の美点がとても生かされていたと感じる。1幕、暖炉が燃える部屋の、空と緑の木々が見える窓枠にたたずむシルフィードの姿は一枚の絵のようだった。法村のジェームズも、細かいリアルな演技がよく組み立てられてスムーズにこなされていてよかった。それにさわやかな青年の雰囲気、ブルノンヴィルのパの鮮やかさ、軽さはさすが。マジェは法村牧緒。元来、端正な顔立ちなので正統な怖さがある。ホラー映画でもそうだが、男性でも女性でも整った顔で凄みが出ると本当に怖い。

 2幕、シルフィード達のコルフェ、1番初めに出てソロで踊る堤本麻起子は、長身で顔が小さく美しい。その後登場する3人のコルフェ山森トヨミ、奥田展子、杉岡麻魅の踊りのレベルも高かった。

 ラスト、シルフィードが死んでしまってから、ジェームズとマジェの口論シーン(といっても声を出すわけではないが)は迫力があり、その末に絶望に倒れてしまうジェームズ、舞台中央で高笑いするマジェ・・・そして幕、というのはインパクトがあった。

 続いて上演された『グランドホテル』は気軽に楽しめるショーダンスという感じ。チャーリー・チャップリンの曲に合わせた1920年代のレトロな雰囲気がおしゃれで素敵。ホテルを通してさまざまな人間模様が描かれており、登場人物がそれぞれに魅力的だ。そんな中で特に印象に残ったのはジャッキー・クーガン役の東文昭。コメディを担う役柄、動きにキレがあって、観客の注目を集めていた。
(10月22日、フェスティバルホール)
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。