ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.10.10]
From Osaka -大阪-

●ロイヤル・バレエ雀由姫と平野亮一の『パ・キータ』、平野節子バレエスクール

 主宰の平野節子は、今回の発表会に向けて、旺盛は創作意欲を発揮した。
 作品のひとつは、子ども達からジュニアまでが出演した大作『海』。グラズノフの「四季」に合わせて、海底の美しさや楽しさを表現した作品で、ひとでやくらげ、イソビンチャクから海藻、波、泡など海のものが多々登場する。さまざまな年代の子ども達の可愛らしさを生かした振付が微笑ましかった。生命の輪廻も現していて、二組のカップルが登場する。その中の今年10年表彰だという桜井萌は、知的な表情が印象的、よく考えて自分独自のニュアンスを心がけた踊りをするダンサーだと感じた。

『海』


『SOMETHING IS GORN』
 もうひとつの創作作品は平野節子自身が踊った『SOMETHING IS GORN』。身近な人の御主人が、突然交通事故で亡くなったことにショックを受けた平野が、夫を亡くした彼女の言葉にならない哀しみを表現しようと創ったもの。窓からブラインド越しに差し込む光の中、苦悩から穏やかな喜び、そして一転、絶望へと突き落とされる演劇的な作品。成熟した大人だからこそ創ることが出来、踊ることの出来る作品だと思う。

 そしてラスト、『パ・キータ』。まず印象的なのは、藤中友奈、深森梓、張縁睿のパ・ド・トロワ。女性2人はまだ幼く、これから技術をもっともっと学んでいくことになるのだろうが、惹きつけられるものを感じた。特に深森梓は、心の底から踊るのが楽しいという気持ちが笑顔に溢れているようで、あの良さをずっと大切にしてほしいと思う。

 パキータはゲストの雀由姫、リュシアンは平野亮一。英国ロイヤル・バレエで活躍中の2人は、とても美しい容姿で踊りのレベルも高い。平野は、とても脚が長く動きも伸びやか。ただ、普段踊る所より狭いせいなのか、着地の踏み直しが多いのが少し気になった。雀由姫は、アチュチュードなど、まだもっと伸びるのではないかという余韻を感じさせる。ピルエット3周も優雅な速度、最初から最後まで彼女の周囲に輝きが見えるようだった。(8月21日 いたみホール)


『パ・ド・カトル』

『パキータ』

『パキータ』
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。