ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.10.10]
From Osaka -大阪-

●一途な愛、感情がストレートに伝わった佐々木美智子バレエ団『ジゼル』他

 今年の佐々木美智子バレエ団公演の幕開きは『パキータ』。主役は、昨年ライプツィヒ・バレエ学校への留学から帰国した富田遙と陳建国。富田は、大役への緊張からか若干ぎこちなさを感じる部分もあったものの、終始明るい笑顔を絶やさず、美しく踊った。彼女の踊りは素直な品の良さが感じられるのが良い。

 そして、メインの『ジゼル』。ジゼルを下村由理恵、アルブレヒトを佐々木大。1幕、登場するジゼルはとてもチャーミングで、その魅力にどんどん舞台に引き込まれていく。ジゼルもアルブレヒトも、細かい演技までとても自然。
 ペザントは3組のカップルで、角井志帆と陳建国、和田陽子と秋定信哉、池上翔子と福田圭吾が踊った。これは、佐々木大が新しく振り付けたもので、元の振りを全く無視するのではなく、アレンジしつつもところどころ意識しつつまとめられており興味深い。
 ジゼルのヴァリエーションは、その短い踊りの中にも細かい思いが込められていることが伝わる踊りで、バロネからふわっと降りるのもとても役柄にあっていて印象的だった。
 狂気のシーンは、気持ちがストレートに客席に伝わってきて、強く引き込まれた。ここで、アルブレヒトは完全にジゼル一筋。この間ずっと、後ろにバチルド姫(佐々木美織)がいるにも関わらず、全く見向きもしない。ゾクゾクと寒気が長い間止まらないシーンだった。

『ジゼル』


『ジゼル』
 2幕、ドゥ・ウィリーの杉原小麻里と松村知佳は、2人とも長身で手脚が長くとても良いスタイル。
 ジゼルとアルブレヒトのアダージオは、2人の息がぴったり合って、気持ちが溶け合っているように見えた。アルブレヒトのヴァリエーションでは、どうしようもなくて、そうせざるを得ないような激情のほとばしりを感じた。これまで、佐々木大の踊りでテクニックや派手さに目を奪われたことは多々あったけれど、それにプラスして、こんな微妙な感情が強く伝わってきたのははじめてかもしれない。ジゼルのヴァリエーションはミルタに懇願し、そして抗議する踊り。ヴァリエーションの終わりは目にも止まらないような早いパ・ド・シャで去っていった。
 夜が明けたラスト、アルブレヒトがゆっくりと時間をかけて、1本ずつ百合の花を落としてゆく。とても長い単調な動きである筈なのに、心情のこもったその動きは、私たち観客を、ずっとこのまま観ていたいような気持ちにさせた。
(8月27日 八尾プリズムホール)

『ジゼル』

『パキータ』

『パキータ』
※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。