ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

関口 紘一 text by Koichi Sekiguchi 
[2005.10.10]
From Nagoya -名古屋-

●生命の力を感じさせた光と闇のドラマ、『UZME』

 <愛・地球博>関連の祝祭公演ダンスオペラ『UZME』は、力強い生命感が漲る舞台だった。
『UZME』は、弟のスサノウの所業に怒ったアマテラスが、岩屋に籠ってしまい、世界は暗闇になってしまった。困惑した神々は相談をし、アマテラスを招き出すために岩屋の戸の前で祭りを催すことになった‥‥。という古事記の「天の岩戸の神話」を題材としている。ウズメは、その祭りで踊り、観客の神々を大いに沸かせた女神である。

 ウズメを白河直子、スサノウをファルフ・ルジマトフ、アマテラスを麻美れい、サルタヒコを新上裕也が扮した。主なスタッフは構成・振付:笠井叡、演出・美術:手塚眞、音楽:橋本一子で、これを総合プロデュ-スの唐津絵理がまとめている。


 全体を序章と四幕に分け、無秩序の光と暗黒と混沌と光の復活を描いている。壮大な光と闇のドラマであり、古事記の神話から現代の光と闇の相克を浮かび上がらせようと試みたものであろう。<愛・地球博>と呼応するに相応しい舞台である。

 やはり、ルジマトフのダンスが圧巻だった。とにかく美しい。それでいて悠揚迫らざる神話的なオーラを存分に発露していた。当然、それだけ笠井の振付も優れていたのである。麻美れいのアマテラスのヴィジュアルは見事。パフォーマンス全体に説得力を与えていた。白河直子のウズメもダンス全体の文体を創る踊りだったし、裕也もパワフルなエネルギーを感じさせるダンスだった。

 ダンスオペラのダンスは間違いなく成功を収めた。音楽と群読のコロス、群舞と主役たちのダンスとの関わりが少し弱かった気がしないでもない。しかし、これだけ各所から優れたアーティストを集め、壮大なドラマを創りあげるエネルギーには、感歎させられるものがあった。