ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2005.09.10]
From Osaka -大阪-

●盛りだくさんな演目のMRB主催バレエスーパーガラ

 毎年、関西出身ダンサーを中心に、ふだんは東京や海外で活躍しているダンサーも集ってのガラ・コンサート。7回目を迎え、今年も盛りだくさんな演目を楽しむことが出来た。

 第1部幕開きは、川東まりこと寺田宜弘の『海賊』第1幕よりパ・ド・エスクラーブ。奴隷にされてしまった娘と奴隷商人の踊りだが、川東は彼女自身が持っている雰囲気を生かしてか、奴隷の哀しさを終始前面に押し出した踊り。寺田はこれをキエフ・バレエでもよく踊っていたようで、演技もよく、伸び伸びとダイナミックにこなした。

『ドン・キホーテ』よりグラン・パ・ド・ドゥを踊ったのは国田美和と逸見智彦。この役は昔からカラッした明るさを持つ国田にとてもよく似合う役だと思っていた。加えて、今回はこの結婚式の場面にふさわしい格調も感じられた。フェッテにトリプルを入れたり、シェネも眼にも止まらない速さ、そんなテクニックだけなら出来るダンサーが出てきているかもしれないが、彼女の場合は、そのテクニックの中にきちんと品が感じられるのが良い。成澤淑榮とイルギス・ガリムーリンは、ロシア民謡からコミカルな作品『カドリーユ』を踊った。モスクワで活躍中の二人、どうしてもクラシックのグラン・パ・ド・ドゥが多くなる中、こういったお国柄を感じさせるものを披露してくれるのは嬉しい。

 主宰者でもある松田敏子は沖潮隆之と共に『海賊』第2幕よりグラン・パ・ド・ドゥを踊った。この踊りは松田がヴァルナ国際コンクールで組織委員会賞を受賞した時に踊った思い出深いもの。“姫”的な役柄でありながら、どこかシャープで毅然とした雰囲気を持つこの役が松田にはとても似合っていると思う。近年の彼女の中で一番良かったと感じた。沖潮のサポートもとても踊りやすい様子。アダージオで、リフトされて反る、主宰のMRBのロゴマークそのままの姿になった時には観客席から大きな拍手が湧いた。
 西田佑子と梶原将仁は『グラン・パ・クラシック』のグラン・パ・ド・ドゥ。西田は高いテクニックを持ちながら、なめらかで上品。そして、可愛らしい、『グラン・パ・クラシック』を観て可愛らしいと感じたのは初めてかも知れない。

 1部の最後は『眠れる森の美女』よりローズアダージオ。オーロラは田中ルリ、落ち着いた魅力あるお姫様。そしてなんと、王子は8人登場するのだ。音は4人分しかないから、部分部分で役割を回しあうように踊るのだが、8人も王子がズラッと並ぶのは壮観。フェスティバル的な面白さで、ガラコンサートを華やかに演出していた。

 第2部の幕開きは漆原宏樹振付の『ディベルティメント』。石川愉貴と肱岡恭代を中心に、15人のダンサーで踊られた。美しく流れるような雰囲気の作品。続いては美羽礼加とヴラディゾフ・ヴラディミロヴィッチの『胡桃割り人形』よりグラン・パ・ド・ドゥ。チュチュではなく、クララのイメージのピンクのスカートで踊る。速い回転技もさりげなく織り込みつつ、ドラマティックな感じに仕上げていた。『白鳥の湖』より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥは、ワガノワ・バレエ学校留学から帰国したばかりの柳原麻子とウクライナのドネツク・ソロビヤネンコ・バレエ団のラグノフ・エフゲニー。二人とも高いテクニックを持つダンサーだ。まだ若いので、これからもっと伸びそうな可能性を感じる。『ゼンツァーノの花祭り』よりグラン・パ・ド・ドゥを踊ったのは渡辺美咲と法村圭緒。この二人がパートナーを組んでいるのは初めて観たが、よく似合う。可愛らしく華奢な渡辺と並ぶと大きな存在に見える法村は、爽やかで伸びやか。

 福岡雄大と福田圭吾は、矢上恵子振付の『Bh-double』、ゴムを使ったとてもスピーディな作品。一歩間違うと大変なことになるのではないかという緊張感を伴って真剣勝負とでもいうべき空気が伝わってきた。
 そして最後は、野間景と高岸直樹の『エスメラルダ』よりグラン・パ・ド・ドゥ。二人とも長身でスケールの大きさを感じさせる踊り。品があって美しく、ラストにふさわしいものだった。
(7月31日 グランキューブ大阪)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。