ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.12.10]
From Osaka -大阪-

静と動、ふたつのバレエを上演、アート・バレエ・難波津公演

 アート・バレエ難波津の今年の公演は『レ・シルフィード』と『カフェ・ド・ラージュ』の、静と動、2演目で行われた。芸術監督は石川惠己、演出・振付・脚本を石川愉貴。
 まず『レ・シルフィード』は、コール・ド・バレエが整然と揃いとても美しい。高校生くらいも混ざっているようだが、群舞としてのレベルが高く、意識まで揃って踊っていることが感じられた。
 ワルツの浅井里江子は溌剌と、プレリュードの伊藤志保は静かに上品に、そして矢吹知早斗と石川愉貴のパ・ドゥ・ドゥは静かな踊りとして始まり、その数分の中でだんだん昂揚し、心が溶け合って行くことが感じられた。筋のない『レ・シルフィード』の中で見事な心情変化を表現していたと思う。矢吹はここ数年、主役をはじめとして主要な役を踊っているが、テクニックも演技表現もだんだんと安定感が出て来ているように見える。

『カフェ・ド・ラージュ(カフェの天使)』は、オペレッタの王といわれるジャック・オッフェンバック作曲の「パリの喜び」を土台に石川愉貴が新演出・振付・脚本を手掛けた。 
 物語は、天使が棲むという店「カフェ・ド・ラージュ」に行くと、天使の導きで素敵な相手とめぐりあえるという噂があり、店はいつも大入り満員。そこに今日も若者や娘たち、色々な人がやってくる。娘に振られた若者に花売り娘(内藤夕紀)が、そっと花を差し出す。若者がその花を娘に捧げると二人は仲良く・・・そんな風に花売り娘は、色々な人にそっと花を差し出す。花売り娘は天使だったのだ・・・。パリのカフェの独特のエスプリのきいたコミカルさに、ほのぼのとした人間に対する優しさがにじみ出る作品に仕上がっていた。

 美しい手袋売り娘(矢吹知早斗)と物憂げな男爵(石川愉貴)の男女二人の踊りは正統にしっとりと美しく。田舎者でちょっとおかしな富豪イギリス人(小出顕太郎)は、とてもコミカルで演出的にも踊り手の演技としてもとても良い味を出していた。ユニーク・バレエシアターからゲスト出演した行友裕子は、赤いロングドレスで劇場主を演ずる小原孝司相手に、大人の魅力溢れる踊りを披露。恋のかけひきと、大人の可愛らしさを上手く表現していた。
 そして花売り娘を踊った内藤夕紀、彼女にこの役はとても似合っていた。優しい美しさを持ち、演技力もあるダンサー、パリのコケティッシュな雰囲気も表現できる人。そんな彼女の味はこの作品に不可欠のものだったといえるだろう。
(11月21日 大阪厚生年金会館大ホール)