ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.09.10]
From Osaka -大阪-

関西の出身や拠点とするダンサーを中心に『バレエスーパーガラ』

 6回目を迎えた、MRB松田敏子リラクゼーションバレエ主催のガラ・コンサート。幕開けは、主催のMRB所属で、この春の全国舞踊コンクールのパ・ド・ドゥ部門で1位を獲得した柳原麻子と、ローザンヌ・バレエ・コンクールでプロ・スカラシップ、ユース・アメリカ・グランプリで1位を獲得したアンドレエ・ピーサレフ(アナニアシヴィリのガラ・コンサートなどに出演したワジム・ピーサレフとインナ・ドロフェーエワの子息)による『パリの炎』よりグラン・パ・ド・ドゥ。若い二人によってチャーミングな感じに仕上がっていた。

 この柳原麻子から続く第1部のそれぞれのグランパ・ド・ドゥの女性陣は回転技が得意な人が多く、『眠れる森の美女』第3幕の渡辺美咲、『ライモンダ』第3幕の国田美和、『海賊』第1幕を踊ったこの公演のプロデューサーでもある松田敏子。フェッテ・アン・トゥールナンでは、それぞれダブルやトリプルを多く入れたり、目新しいアレンジで行ったりと、まるで回ることを競い合っているようだった。さまざまな意見もあると思うが、あまりバレエ鑑賞をしたことのない観客にとっては「スゴイ!」と引き込まれるものであったと思うし、回ることだけでなく、例えば渡辺美咲の踊りはオーロラの可憐さがよく出ており、国田美和は堂々とした雰囲気が踊りにぴったりで、知的な香りを漂わせていたし、松田敏子は物語に忠実に奴隷という運命に懸命に逆らう姿をよく考え演じ、その相手役の法村圭緒は他の王子的な役柄の際とは一変、相手を押し出す手の使い方ひとつとっても荒々しさが見えた。そういう踊りの本質にプラスして、お祭り的に技の競い合い的な部分があったのは、ガラ・コンサートとしての楽しみのひとつの要素と考えて良いように思えた。


 また、国立モスクワ・クラシカルバレエの成澤淑榮とイルギス・ガリムーリンはスペイン的な創作作品「LIBER TANGO」(N.アンドローソフ振付)で大人の魅力を発揮。
 第2部の最初は、漆原宏樹の新作『キース・ジャレット--プレイ』。L.J.S.バッハの曲に振付たもの。品の良いピアノの調べの中、石川愉貴とロングドレスの女性たちが踊る。大人の女性の美しさを見せるおしゃれな振付、なんとなくカシニョールの絵画を思い出した。
 続いては『海と真珠』を北山大西バレエ団の美羽礼加と的場涼香、そして恵谷彰が踊り、早いシェネを駆使した振付に驚きの拍手が起こっていた。

 他にも多くの魅力的な演目が上演されたが、特に良かったのはラストの二つ。『ライモンダ』第2幕よりの野間景と高岸直樹、『海賊』第2幕よりグランパ・ド・ドゥの田中ルリと梶原将仁。野間景はアダージオではゆっくりした動きを柔らかく美しく、ヴァリエーションでは少女のようにチャーミングに、高岸はダイナミックでありながら決めるところはとても美しく、自然に拍手が起こっていた。ラストの田中ルリはしなるような動きで酔うように観客を引き込む、梶原のサポートも的確、観せ方も上手くなった様子。田中はラストのフェッテも2回に1回ダブルを入れて美しく回りきり、会場を盛り上げてフィナーレへと繋いだ。(8月8日 グランキューブ大阪)