ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.07.10]
From Osaka -大阪-

法村友井バレエ団「ドン・キホーテ」

 演出・振付、法村牧緒、指揮に堤俊作、演奏は関西フィルハーモニー管弦楽団。
 キトリを西田佑子、バジルを法村圭緒が踊った。西田佑子というと、つい悲劇のヒロインや可憐なお姫さまを思い浮かべてしまう。 実際、昨年末に芸術祭大賞を受賞した『ラ・バヤデール』のニキヤや、『バフチサライの泉』のマリアなどでの素晴らしい踊りが頭に焼き付いている。 「西田佑子のキトリってどんな風なのだろう?」正直、観るまで想像がつきにくかった。

 だが実際に舞台を観ると、溌剌として明るく可愛らしさもあるキトリ、こんなに楽しそうな笑顔が続く彼女を舞台上で観たのは初めてかも知れない、これもとても魅力的。 バジルの法村圭緒も、きっちりとしたスタイル、若くてチャメッけや浮気心を感じさせる、軽妙な雰囲気を上手く出して踊っていた。 二人とも主役経験が豊富、観客にアピールするイキな踊り方を心得ており、ドン・キホーテらしいエンターティメント性も感じた。

 ロシアから客演したエスパーダのキリル・ミャスニコフと共に魅力を発揮した町の踊り子の西尾睦生、また、独特の憂いを含み迫力たっぷりにジプシーの女を踊った杉岡麻魅、 長身で手足が長く顔が小さいロシア人のようなスタイルで美しく森の女王を踊った堤本麻起子、愛らしく小柄さを活かして愛の妖精キューピットを踊った中尾早織、 メルセデスを背中の柔らかさを観せて妖艶に踊った山森トヨミなど、ソリストクラスの女性に目を引くダンサーが多々いた。 また団長の法村牧緒は3枚目のガマーシュ役、コメディタッチの演技で観客を楽しませていた。

 4幕の結婚式のグラン・パ・ド・ドゥ、主役二人のアダージオは決まるポーズがひとつひとつ正確、バジルのヴァリエーションも多回転もぶれないでとても美しく、 キトリのヴァリエーションは素直な感じで嬉しそうに観客に語りかけるような踊り。この人の個性がにじむ優しさを持ったキトリだと感じた。

 実力を持ったダンサーは新しい役柄も、すぐに自分のものにしてゆくのだと改めて納得させられた。
(6月5日、フェスティバルホール)