ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 最新の記事

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

すずな あつこ text by Atsuko Suzuna 
[2004.05.10]
From Osaka -大阪-

貞松・浜田バレエ団特別公演『ラ・プリマヴェラ』

 貞松・浜田バレエ団が阪神大震災の直後から毎春、「がんばろう!神戸」の思いを胸に行っている公演。
 今回は、グラン・パ・ド・ドゥを中心とした名作コンサートから、漆原宏樹振付の『タチアナとオネーギン』、ラストは『ドン・キホーテ』の抜粋だった。
 このバレエ団はレベルの高いダンサーが多く、名作コンサートで上演されたパ・ド・ドゥはどれも見応えがあり、ピックアップして紹介するのに迷ってしまう。

 そんな中でも特に印象的だったのは上村未香と貞松正一郎の『ロミオとジュリエット』バルコニーシーン。今回、貞松正一郎の振付けで初演。幕が開くとバルコニーの上と下で見つめ合う二人、2~3分は見つめ合っているのではないかと思うくらい長く見つめ合うのだが、それだけで二人の想う気持ちがこちらに切ないほど伝わってくる。二人のパ・ド・ドゥはさすがになめらかで、心情が伝わる踊り。朝の光が差し込み別れを予感させる部分ではドキっとするくらいゾクゾクしてしまうものがあった。

 漆原宏樹振付の『タチアナとオネーギン』を踊ったのは吉田朱里と山口章。吉田朱里は長身で美しいスタイルのダンサー。タチアナの紅いドレスがよく似合って、堂々とした雰囲気があり、大人の踊りが出来る人だなと感じる。苦悩しながらも拒否する強さを良く演じきっていた。

『ドン・キホーテ』は、2002年11月にニコライ・フョードロフを演出に招いて上演したゴルスキー版の抜粋、浜田容子と貞松正一郎が改訂振付している。
 実は、2002年の上演の際は、バジル役を予定していた貞松正一郎が直前にケガ。この為、急遽東京バレエ団の高岸直樹が代役を努めた。だから、今回、キトリを正木志保、バジルは貞松正一郎と2年前に予定されていた二人の『ドン・キホーテ』を観ることが出来たのは嬉しい。

「ロミオとジュリエット」


  幕開きは女性ダンサー24人、壮観。続いて8組の男女のデュエット、踊れるダンサーがたくさんいるから、こんな構成が出来るのだなとあらためて感じた。また、本当にダンサーたちが楽しそうに踊っていて、踊り比べとでも言うような華やかさが素晴らしかった。(4月16日、神戸文化中ホール)


「タチアナとオネーギン」

「ドン・キホーテ」

※画像をクリックすると別ウィンドウで大きな写真がご覧になれます。