チャコット公式Webサイトの表示不具合に関して<9/21現在>

小野絢子のマノン、福岡雄大のデ・グリュー、渡邊峻郁のレスコーが見事だった新国立劇場バレエ団の『マノン』

ワールドレポート/東京

関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi

新国立劇場バレエ団

『マノン』ケネス・マクミラン:振付

ケネス・マクミランが、アべ・プレヴォが18世紀に書いた小説『マノン・レスコー』に基づき、ジュール・マスネの音楽に振付けた『マノン』は、1974年にコヴェント・ガーデンでロイヤル・バレエにより初演された。アントワネット・シブレーとアンソニー・ダウエルが主演している。マクミランが『ロミオとジュリエット』を振付けたのが1965年だから、それからおよそ10年後になり、当時、マクミランはロイヤル・バレエの芸術監督だった。

0169.jpg

小野絢子、福岡雄大 撮影/瀬戸秀美(全て)

新国立劇場バレエの『マノン』のこの日のキャストは、小野絢子のマノン、福岡雄大のデ・グリュー、渡邊峻郁のレスコー、中家正博のムッシューG.M. レスコーの愛人役は寺田亜沙子の怪我のため木村優里に代わった。娼家のマダムは本島美和、物乞いのリーダーは速水渉悟だった。これがベストかどうかは分からないが、適切なキャスティングだと思う。
とにかく、小野絢子と福岡雄大が素晴らしかった。二人とも自身が表現すべきものがきちんと整理されており、それが舞台に彼らの実力通りに表現されている、と感じられた。それは再演する中で培われてきたものであろう。
とりわけ、第1幕の福岡のソロ・ヴァリエーションは秀逸だ。ひとりの生真面目な学生(原作では神父になる予定で哲学を学んでいた)が、初めて愛するということを知り、そこにかけがえのない生きる歓びがあることを予感するまでを、ゆったりとした動きをまじえながら見事に表した。このヴァリエーションに惹き込まれ観客は、この男性主人公の愛の行方に関心を研ぎ澄ますことになる。
それに続いて踊られた、修道院に入る前にこの宿屋に立ち寄った小野が扮するマノンとのパ・ド・ドゥは、イノセントな若さがそのまま現れ息がぴったりと合った見事なもの。この二人に悲劇が襲いかかろうとして牙を研ぎ澄ませているとは露知らず、洋々と見える未来の幸せが輝いていた。
マノンには渡邊が扮するレスコーという、俗にまみれたいかがわしい生業の兄がいた。レスコーはもちろん、無知な二人の未だ幼い愛などには微塵の共感もなく、財産家のムッシューG.M.にいかに高くマノンを売りつけるか、どうすればこれからも彼の財産に寄生して生きていくことができるか、だけを考えている。

0263.JPG

渡邊峻郁、小野絢子、中家正博

0332.JPG

渡邊峻郁

そして次のシーンでは、他愛なく駆け落ちして新婚生活が始まった二人の下宿に、突然、レスコーがムッシューG.M.共々乗り込んで来て、未だ裕福な生活を知らないマノンを易々と連れ戻してしまう。ここではレスコーが、世の中のことを何にも解っていないデ・グリューの愛を鼻でせせら笑い、小突き、突き飛ばす。渡邊は福岡に負けじとかなり思いきって演じていた。それが第2幕の高級娼家のパーティで見せた、現実に何の希望も抱くことのできないやるせない厭世を漂わせた酔っぱらいの踊りを際立たせる。渡邊は当初、レスコー役はちょっとキャラクター的に違うのではないかと思わせたが、その杞憂を軽く吹き飛ばす熱演だった。この場面では、誘蛾灯に舞う蝶のように存在した木村優里もまた妖しく魅力的だった。
結局、トランプ賭博でムッシューの金をおもいっきり巻き上げようという浅はかと思える試みは、案の定無惨な結果に終わりレスコーは射殺されてしまう。このレスコーの死は『ロミオとジュリエット』で言えばマキューシオの死に匹敵するだろう。レスコーはマキューシオのように貴族の若者ではなく、遥かに泥にまみれたヤクザだが、それだけ酷薄な世間を必死に生き抜いてきた。あたかもピカレスクの主人公のように、一般の観客のシンパシィは受けないかもしれない。しかし、その死は時代と共にあった。
そしてマノンも修道院に入る予定だったのだから、余程世知には疎く、一度はムッシューG.M.の財産に目が眩み、何不自由ない裕福な暮らしに憧れた。しかしそこには、愛はなく未来ももちろんないことに気付く。そして熱烈に求め続けるデ・グリューのもとへ戻る。マノンはジュリエットのような意識的な女性ではもちろんないが、レスコーの無残な死を経験して、世間を知り愛を理解できる女性へと成長したのである。でなければ「この人がシツコイの!」と言えば、ムッシューG.M.は直ちにデ・グリューを追い払ってくれただろう。

0765.JPG

小野絢子、福岡雄大

物乞いのリーダー速水渉悟0025.jpg

速水渉悟

新国立劇場バレエ団の公演リーフレットによると、マクミランはマノンのことを「天使のような外見で悪魔のような内面をくるんだ、モラルの欠如した存在」と言っているという。前後の文章を読んでいないので軽々しくは言えないが、私はこれは女性の本質のある一面を指摘した言葉に聞こえる。「世間の常識とはまったく違ったところで生きている女性です。深い考えや重みのある感情などを持つことなしに・・・」ともあり、これはマクミランの言葉ではないようだが、マノンの人物像を指摘している。どうだろうか。だとすればマノンはなぜムッシューG.M.の元を離れ、デ・グリューと落ちていったのか。やはりそこにはマノンが「深い考え」を巡らし、「重みのある感情」つまり愛を信じたからデ・グリューの元へ戻ったのではないだろうか。
しかし最早、二人の転落に歯止めは掛かりようがなかった。二人はルイジアナに送られ、いっそうほっそりとした小野絢子が痛々しかった。マノンを当然のように犯そうとした所長をデ・グリューが刺し殺し、万事は休した。
幕が下りると喝采が浴びせられ、ダンサーたちはスタンディング・オベーションで迎えられた。観客は、リーフレットにあるような「徒花」を演じたダンサーたちに感動し、喝采を贈ったのだろうか。私にはそこに真実の花が咲いていたように見えたのだけれど。
(2020年2月26日 新国立劇場 オペラパレス)

0830.JPG

0831.JPG

撮影/瀬戸秀美(全て)

記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。

ページの先頭へ戻る