令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

プリンシパルに昇進したアンドレイ・エルマコフや永久メイが登場する第27回マリインスキー音楽祭「白夜のスターたち」

ワールドレポート/サンクトペテルブルク

香月 圭 text by Kei Kazuki

毎年恒例のマリインスキー音楽祭「白夜のスターたち」(白夜祭)が今年も開催される。プログラムについてお伝えする前にファースト・ソリストのアンドレイ・エルマコフがプリンシパルに昇進したというニュースが飛び込んできた。マリインスキー劇場の公式発表によると、マリインスキー国際フェスティバルとアメリカ・ワシントン公演の成功に貢献したことが昇進の決め手となったという。今回の白夜祭でエルマコフは『イン・ザ・ナイト』『カルメン組曲』『海賊』『ラ・バヤデール』とプティパからバランシン、アロンソの作品まで時代や様式も様々なバレエに出演する。

1_Andrei-Ermakov-in-Le-Corsaire-by-Natasha-Razina-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre.jpg

アンドレイ・エルマコフ『海賊』 Photograph by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

2_Giselle-by-Natasha-Razina-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(9).jpg

永久メイ『ジゼル』Photograph by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

注目の新進ダンサーたちも白夜祭を華やかに彩る。5月27日『愛の伝説』で永久メイが主役のシリン役デビューを果たす。また、永久は3月に『ジゼル』の主役としてもデビューしたが、白夜祭では6月29日フィリップ・スチョーピンをパートナーに再びジゼルを演じる。昨年ワガノワ・バレエ・アカデミーを卒業しマリインスキー・バレエに入団した安齋織音は5月26日『カルメン組曲』の「運命」役として登場し、カルメンを演じるオルガ・スミルノワらと共演する。安齋とワガノワ・アカデミーの同期で昨年マリインスキー・バレエ入団後、ファースト・ソリストとして活躍中のマリア・ホーレワは6月18日『パキータ』でシクリャローフをパートナーにタイトル・ロールを踊り、7月13日『ラ・バヤデール』のメインキャストとしても配役されている(役名など詳細は後日発表)。

3_The-legend-of-love-by-Natasha-Razina-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(8).jpg

『愛の伝説』キミン・キムPhotograph by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

4_Carmen-suite-by-Natasha-Razina-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(5).jpg

『カルメン組曲』より「運命」Photograph by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

今年のオープニング作品は「アメリカ・バレエ作品の夕べ」と題してバランシン『セレナーデ』、ロビンズ『イン・ザ・ナイト』、トワイラ・サープ『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』のトリプル・ビルとなっている。6月8日にはヴィクトリア・テリョーシキナや夫人のマリア・シリンキナをゲストに「ウラジーミル・シクリャローフ・ガラ」が行われ、6月16日には再びヴィクトリア・テリョーシキナをパートナーに迎え「キミン・キムのバレエの夕べ」が開催される。ディアナ・ヴィシニョーワは6月21日『アンナ・カレーニナ』と7月5日『カルメン組曲』に登場する。

5_Maria-Khoreva-in-Paquita--by-Valentin-Baranovsky-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(4).jpg

マリア・ホーレワ『パキータ』Photograph by Valentin Baranovsky © State Academic Mariinsky Theatre

6_Push-Comes-to-Shove_-by-Natasha-Razina-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(2).jpg

キミン・キム(左)『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』Photograph by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

マリインスキー劇場で人生の大半を創作活動に捧げたプティパによる『白鳥の湖』『ジゼル』『眠れる森の美女』『ラ・バヤデール』『ドン・キホーテ』『海賊』といった数々の傑作は、現在もなお白夜祭に訪れる観客を魅了する。また、バレエ・リュス時代の作品を上演する「ストラヴィンスキー音楽作品の夕べ」(『結婚』『火の鳥』6月27日)と「ミハイル・フォーキンの夕べ」(『火の鳥』『シェヘラザード』6月28日)も予定されている。キーロフ・バレエ時代に生まれた『愛の伝説』『青銅の騎士』『バフチサライの泉』などと合わせてマリインスキー・バレエの歴史を概観できるラインナップとなっている。ロシア帝室舞踊学校時代からのロシア・バレエの伝統を脈々と現在に受け継ぐワガノワ・バレエ・アカデミー卒業公演もこの白夜祭の白眉のひとつだが、今年の卒業生は第277期目となる。

7_Vladimir-Shklyarov-in-Swan-Lake-by-Valentin-Baranovsky-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(12).jpg

ウラジーミル・シクリャローフ『白鳥の湖』Photograph by Valentin Baranovsky © State Academic Mariinsky Theatre

8_Olesya-Novikova-in-Swan-Lake-by-Valentin-Baranovsky-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(4).jpg

オレシア・ノヴィコワ『白鳥の湖』Photograph by Valentin Baranovsky © State Academic Mariinsky Theatre

白夜祭のフィナーレを飾るのは、2013年より振付家として本格始動したコリフェのイリヤ・ジヴォイが2017年にマリインスキー劇場で初演したThe Four Seasons(四季)。ウェイン・マクレガー振付作品でも知られるポスト・クラシカルの第一人者マックス・リヒターがヴィヴァルディの『四季』をリコンポーズ(再作曲)した音楽に触発された作品で、サンクトペテルブルクでの芸術の発展に貢献した人々に贈られるゴールデン・ソフィート賞(Golden Sofit Prize)を2017年に受賞した。

9_Diana Vishneva in Anna Karenina by Valentin Baranovsky © State Academic Mariinsky Theatre  (1).jpg

ディアナ・ヴィシニョーワ『アンナ・カレーニナ』Photograph by Valentin Baranovsky © State Academic Mariinsky Theatre

11_The-Four-Seasons-by-Natasha-Razina-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(7).jpg

ザンダー・パリッシュThe Four Seasons Photograph by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

10_Graduation-Perf.-of-the-Vaganova-Academy-by-Natasha-Razina-©-State-Academic-Mariinsky-Theatre-(4).jpg

ワガノワ・バレエ・アカデミー『パキータ』Photograph by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

第27回マリインスキー音楽祭「白夜のスターたち」バレエ・プログラム

5月22日 マリインスキー音楽祭「白夜のスターたち」オープニング
「アメリカ・バレエ作品の夕べ」
『セレナーデ』アリーナ・ソーモワほか
『イン・ザ・ナイト』マリア・シリンキナ、ウラジーミル・シクリャローフほか
『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』キミン・キムほか
5月23日『シュラーレ』エレーナ・エフセーエワ、アンドレイ・エルマコフ
5月24日『シュラーレ』レナータ・シャキロワ、アレクセイ・ティモフェーエフ
5月25日『ラ・シルフィード』エカテリーナ・オスモールキナ、フィリップ・スチョーピン
5月26日『カルメン組曲』オルガ・スミルノワ、アンドレイ・エルマコフ、安齋織音
Le Divertissement du Roi(王のディヴェルティスマン)キャスト後日発表
5月27日『愛の伝説』永久メイ、ティムール・アスケロフ
5月28日『愛の伝説』アリーナ・ソーモワ、キミン・キム
5月29日『白鳥の湖』オクサーナ・スコーリク、ザンダー・パリッシュ
5月30日『愛の伝説』アリーナ・ソーモワ、キミン・キム
5月31日The Four Seasons(四季)エカテリーナ・コンダウーロワ、ロマン・ベルヤコフ
6月1日『眠れる森の美女』オレシア・ノヴィコワ、ウラジーミル・シクリャローフ
6月2日12:00『眠れる森の美女』キャスト後日発表
6月2日19:00『眠れる森の美女』レナータ・シャキロワ、フィリップ・スチョーピン
6月4日『海賊』エカテリーナ・コンダウーロワ、アンドレイ・エルマコフ、ヴィクター・カイシェタ
6月5日『海賊』アリーナ・ソーモワ、キミン・キム、ティムール・アスケロフ
6月6日『海賊』キャスト後日発表
6月7日『海賊』アリーナ・ソーモワ、キミン・キム、ティムール・アスケロフ
6月8日「ウラジーミル・シクリャローフ・ガラ」
The Young Lady And The Hooligan(コンスタンチン・ボヤルスキー振付)
5 Tango's(ハンス・ファン・マーネン振付)
Diamonds(バランシン振付)
出演:ウラジーミル・シクリャローフ、ヴィクトリア・テリョーシキナ、マリア・シリンキナ
6月9日『ジュエルズ』エカテリーナ・コンダウーロワ、ザンダー・パリッシュ
6月10日 ワガノワ・バレエ・アカデミー第277期生卒業公演 
6月11日『青銅の騎士』エカテリーナ・オスモールキナ、アレクサンダー・セルゲーエフ
6月12日 ワガノワ・バレエ・アカデミー第277期生卒業公演
『青銅の騎士』エレーナ・エフセーエワ、コンスタンチン・ズヴェレフ
6月13日 The Four Seasons(四季)クリスティーナ・シャプラン、コンスタンチン・ズヴェレフ
6月14日 『シルヴィア』オクサーナ・スコーリク、ザンダー・パリッシュ
6月15日 『シルヴィア』ナデージダ・バトーエワ、フィリップ・スチョーピン
6月16日 ワガノワ・バレエ・アカデミー第277期生卒業公演
      「キミン・キムのバレエの夕べ」キミン・キム、ヴィクトリア・テリョーシキナ
6月18日 『パキータ』マリア・ホーレワ、ウラジーミル・シクリャローフ
6月19日 『パキータ』ヴィクトリア・テリョーシキナ、ザンダー・パリッシュ
6月20日 『ジゼル』マリア・シリンキナ、アレクサンダー・セルゲーエフ
6月21日 『アンナ・カレーニナ』ディアナ・ヴィシニョーワ、コンスタンチン・ズヴェレフ
6月22日 『アンナ・カレーニナ』アリーナ・ソーモワ、ティムール・アスケロフ
6月23日 『ジゼル』キャスト後日発表
6月24日 『ジュエルズ』キャスト後日発表
6月25日 『ラ・バヤデール』エカテリーナ・コンダウーロワ、アンドレイ・エルマコフ
6月26日 『白鳥の湖』オレシア・ノヴィコワ、ウラジーミル・シクリャローフ
6月27日 「ストラヴィンスキー音楽のバレエの夕べ」
『結婚』『火の鳥』キャスト後日発表
6月28日 「ミハイル・フォーキンによるバレエの夕べ」
『火の鳥』『シェヘラザード』キャスト後日発表
6月29日 『ジゼル』永久メイ、フィリップ・スチョーピン
7月2日  『白鳥の湖』アリーナ・ソーモワ、キミン・キム
7月3日  『白鳥の湖』キャスト後日発表
7月4日  『バフチサライの泉』アナスタシア・コレゴワ、エカテリーナ・チェブィキナ、ニキータ・コルネイエフ
7月5日 『カルメン組曲』ディアナ・ヴィシニョーワ
     Infra(インフラ)キャスト後日発表
     『シンフォニー・イン・C』キャスト後日発表
7月6日 Yaroslavna (ヤロスラヴナ)
Eclipse(エクリプス)キャスト後日発表
7月7日 『ドン・キホーテ』キャスト後日発表
7月9日 『ル・パルク』ヴィクトリア・テリョーシキナ、アレクサンダー・セルゲーエフ
7月10日 『ル・パルク』ナデージダ・バトーエワ、コンスタンチン・ズヴェレフ
7月11日 『ラ・バヤデール』エカテリーナ・コンダウーロワ、エレーナ・エフセーエワ、アンドレイ・エルマコフ
7月12日 『ラ・バヤデール』アリーナ・ソーモワ、ナデージダ・バトーエワ、ウラジーミル・シクリャローフ
7月13日 『ラ・バヤデール』マリア・ホーレワ、アナスタシア・ヌイキナ、キミン・キム
7月14日 『バフチサライの泉』キャスト後日発表
7月16日 『ドン・キホーテ』キャスト後日発表
7月17日 『ドン・キホーテ』キャスト後日発表
7月18日 『ロミオとジュリエット』キャスト後日発表
7月19日 『ラ・シルフィード』キャスト後日発表
7月20日 『ロミオとジュリエット』キャスト後日発表
7月21日 第27回白夜音楽祭クロージング作品
The Four Seasons キャスト後日発表

https://www.mariinsky.ru/en/playbill/festivals/fest2018_2019/zbn236

 

 

記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。

ページの先頭へ戻る