令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

【ニュース】第18回英国舞踊批評家協会賞(The 18th National Dance Awards)授賞式がロンドンで行われ、話題作『アクラム・カーンのジゼル』などが受賞した

ワールドレポート/その他

香月 圭 text by Kei Kazuki

イギリス舞踊界の2016-2017年シーズンを総括する第18回英国舞踊批評家協会賞授賞式が2018年2月19日ロンドンのバービカン・センターにて行われた。
授賞式の模様は初めてフェイスブックにてライブ配信された。司会を務めたのは、過去の受賞者二人――振付家アナベル・ロペス・オチョアとダンサー、デイン・ハースト。二人は映画『パルプ・フィクション』のテーマ音楽に合わせて踊りながら登場し、カジュアルな雰囲気のなかで授賞式は始まった。

英国批評家協会の舞踊部門(The Dance Section of the Critics' Circle)にはイギリス国内の舞踊評論家60名程度が属し、代表はグレアム・ワッツが務める。英国舞踊批評家協会賞は2000年以来毎年開催されてきた。2016年9月1日〜2017年8月31日までに行われた500ほどの興行から2017年11月20日に11部門55組の候補に絞り込まれた。候補に選出された舞踊ジャンルはクラシック、コンテンポラリー、ダンスシアター、フラメンコ、ヒップホップ、カタック(北部インド伝統舞踊)、ミュージカルと広範囲に及び、アーティストたちの国籍も21か国と多彩だった。
『ジゼル』で最優秀振付賞を受賞したアクラム・カーンは2000年に新人賞を受賞して以来、男性モダンダンサー (2005年)、最優秀男性ダンサー(2012年)、モダン作品振付賞(2003年、 2011 年、 2014年)を過去3回受賞し、今回は最多7度目の栄冠に輝いた。

1802NDA2017.jpg

左よりハリー・アレクサンダー代理のメリッサ・へザリントン、マルセリーノ・サンベ、リアム・リディック、アシュリー・ショー、クリス・アクリル、シャーロット・ブルーム、アクラム・カーン代理のタマラ・ロホ、メアリー・ブレナン、『42nd Street』のサイモン・アドキンスとクレア・ハルス、ロバート・フェアチャイルド、アリーナ・コジョカル、マイケル・キーガン=ドーラン、ゼナイダ・ヤノウスキー、レズ・ブラザーストン
(C)National Dance Awards

 

第18回英国舞踊批評家協会賞(The 18th National Dance Awards Critics' Circle)受賞結果

◆最優秀男性ダンサー Dancing Times Award for Best Male Dancer
リアム・リディック (リチャード・アルストン・ダンス・カンパニー)
LIAM RIDDICK Richard Alston Dance Company)

過去最多6回ノミネートの末、今回晴れて受賞となった。

◆最優秀女性ダンサー Grishko Award for Best Female Dancer
ゼナイダ・ヤノウスキー(ロイヤル・バレエ)
ZENAIDA YANOWSKY (The Royal Ballet) 
2003年同部門を、2016年女性クラシック部門最優秀パフォーマンス賞を受賞。2017年ロイヤル・バレエ引退に際し、有終の美を飾った。


◆傑出したカンパニー Stef Stefanou Award for Outstanding Company
42ND STREET
ミュージカル作品の舞踊界における受賞は初。

◆最優秀インディペンデント・カンパニー Best Independent Company
ヘッドスペイスダンス HEADSPACEDANCE
マッツ・エク、キリアン、オハド・ナハリンなどの作品を通して英国内・国際的に活躍したクリストファー・アクリルとシャーロット・ブルームが2012年に立ち上げた新しいカンパニー。クリストファー・アクリルは今年最優秀男性ダンサーとしてもノミネート。アーサー・ピタによる'Stepmother/Stepfather' もモダン振付賞の候補だった。

◆最優秀クラシック振付賞 Best Classical Choreography
アクラム・カーン『アクラム・カーンのジゼル』(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)
AKRAM KHAN for 'Akram Khan's Giselle'(English National Ballet)
ヒロイン、ジゼルが現代の縫製工場の移民労働者の一人として翻案され、初演以来センセーションをよんでいる。今やイングリッシュ・ナショナル・バレエの代表作とも評される。

◆最優秀モダン振付賞
 Best Modern Choreography
マイケル・キーガン=ドーラン『白鳥の湖/Loch na hEala'』(Teac Damsa)
MICHAEL KEEGAN-DOLAN for 'Swan Lake/Loch na hEala'' (Teac Damsa
ダブリン出身のマイケル・キーガン=ドーランはアイルランドの伝統音楽がミニマルかつ実験的にアレンジされた音楽にのせてアイリッシュ・ミッドランズ地方を舞台に神話と現代が遭遇する魔法のような作品を創出した。マイケル・キーガン=ドーランは2007年"The Bull"でも最優秀モダン振付賞を受賞。

◆新人アーティスト賞 Emerging Artist Award
ハリー・アレクサンダー HARRY ALEXANDER

マイクル・クラーク・カンパニーおよびジュリー・カニングハム&カンパニーで活躍するダンサー。ロイヤル・バレエのダンサーの連覇を独立系カンパニーのダンサーが阻んだ形となった。

◆傑出した演技(クラシック女性ダンサー)Outstanding Female Performance (Classical)
アリーナ・コジョカル 『アクラム・カーンのジゼル』のタイトル・ロールの演技に対して (イングリッシュ・ナショナル・バレエ)ALINA COJOCARU as Giselle in 'Akram Khan's Giselle' (English National Ballet) 

◆傑出した演技(クラシック男性ダンサー)Dance Europe Award for Outstanding Male Performance (Classical)
マルセリーノ・サンベ 『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』コーラスの演技に対して(ロイヤル・バレエ) MARCELINO SAMBÉ as Colas in 'La Fille mal gardée'(The Royal Ballet)

◆傑出した演技(モダン女性ダンサー) Outstanding Female Performance (Modern)
アシュリー・ショー 『赤い靴』ヴィッキー・ペイジの演技に対して(ニュー・アドヴェンチャーズ) ASHLEY SHAW as Vicky Page in 'The Red Shoes'(New Adventures)


◆傑出した演技(モダン男性ダンサー) Outstanding Male Performance (Modern)
ロバート・フェアチャイルド『巴里のアメリカ人』ジェリー・マリガンの演技に対してROBERT FAIRCHILD as Jerry Mulligan in 'An American in Paris'
フェアチャイルドは元ニューヨーク・シティ・バレエのプリンシパル。


【事前ノミネートのない部門】
◆傑出した功績に対するド・ヴァロワ賞
De Valois Award for Outstanding Achievement
レズ・ブラザーストン Lez Brotherston (劇場デザイナー)
マシュー・ボーン版『白鳥の湖』の舞台デザインは特に有名。英国舞踊批評家協会賞における劇場デザイナーの受賞は初。

◆英国ダンス業界賞

Jane Attenborough One Dance UK Industry Award
メアリー・ブレナン Mary Brennan (スコットランドの舞踊評論家)

■英国舞踊批評家協会 Critics' Circle National Dance Awards のSNS
twitter: @NatDanceAwards
Instagram: @national_dance_awards_
Facebook: National Dance Awards
ハッシュタグ #NDA17

ページの先頭へ戻る