令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

第26回マリインスキー白夜祭にデヴィッド・ホールバーグ登場!プティパ生誕200年記念展はWeb上でも開催中

バレエでは今年の世界バレエフェスティバルにも出演が予定されているデヴィッド・ホールバーグの名前が発表された。7月12日にアリーナ・ソーモワと『ジゼル』を踊るほか、7月20日の『アポロ』にも配役されている。予定されるバレエ演目については、プティパ生誕200周年を記念してガラ・コンサートが行わるほか、プティパの原振付を再現したヴィハレフ版『眠れる森の美女』や『ライモンダ』『ラ・バヤデール』『パキータ』『白鳥の湖』『ジゼル』『ドン・キホーテ』『海賊』などプティパの名作が多数上演される。またブルノンヴィルの『ラ・シルフィード』から『ショピニアーナ』『薔薇の精』『瀕死の白鳥』『シェヘラザード』といったフォーキンのバレエ・リュス作品、バランシンによる『アポロ』『シンフォニー・イン・C』『ジュエルズ』『真夏の夜の夢』も予定されている。ソ連時代の作品では『愛の伝説』『ロミオとジュリエット』が上演されるが、2016年にスメカロフが改訂し上演された『青銅の騎士』に加え、ショスタコーヴィチの2作品『お嬢さんとならず者』『レニングラード・シンフォニー』もラインナップに上がっている。『お嬢さんとならず者』は詩人マヤコフスキーの原作を基にボヤルスキーが振付、1962年にマールイ劇場(ミハイロフスキー劇場)で初演された。1987年までマールイのレパートリーに残っており、ならず者を演じたエフゲニー・ミャシスチェフらによって2001年にマリインスキーで復活上演されたのだという。

1808Petipa001.jpg

Apollo by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

『レニングラード・シンフォニー』は第二次世界大戦中、ナチスによるレニングラード包囲の最中ショスタコーヴィチが作曲した交響曲でベルスキーが振付けたシンフォニック・バレエ。初演はアラ・シゾーワやガムリエラ・コムレワ、ナタリア・マカロワなどキーロフ・バレエ時代のスターたちが務めた。20世紀の傑作は『カルメン組曲』『若者と死』。近年の作品ではラトマンスキーの『アンナ・カレーニナ』やイリヤ・シヴォイの『四季』に加え、若手振付家たちによるワークショップも予定されている。
6月13日の『ロミオとジュリエット』はウラジーミル・シクリャローフの舞台生活15周年記念公演となっている。
日本からは和楽器ユニットAUN J-CLASSIC ORCHESTRAはマリインスキー劇場でコンサートを行った。またピアニストの辻井伸行、バイオリニストの三浦文彰が芸術監督ゲルギエフ、マリインスキー管弦楽団と共演するのも話題となっている。

1808Petipa004.jpg

La Bayadère by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa005.jpg

Leningrad Symphony by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa006.jpg

Raymonda by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa009.jpg

The Sleeping Beauty by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

マリウス・プティパ生誕200年記念の展覧会もマリインスキー劇場内で7月末まで開催中だ。展覧会については既報のとおり(https://www.chacott-jp.com/news/stage/others/detail003968.html)、プティパが活躍した19世紀末〜20世紀初頭の舞台衣装や劇場プログラム、写真などが展示されている。マリインスキー劇場公式サイト内にもプティパのデジタル・アーカイブのページが特設された。『眠れる森の美女』『ラ・バヤデール』といったプティパの個々の作品ごとに衣装・背景スケッチや写真などの資料が整理されている。プティパが創作した作品が現代までどのように変貌していったかを辿ることができ、大変貴重なバレエ史料の展示となっている。

1808Petipa02.jpg

Petipa's exhibition by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa05.jpg

Petipa's exhibition by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa06.jpg

Petipa's exhibition by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa11.jpg

Petipa's exhibition by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa13.jpg

Petipa's exhibition by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa14.jpg

Petipa's exhibition by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa15.jpg

Petipa's exhibition by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

■第26回音楽祭「白夜のスターたち」
XXVI Music Festival Stars of the White Nights

2018年
5月23日 オペラ『ファルスタッフ』(マリインスキーII)
5月24、26、28日 『ライモンダ』
5月24日 AUN J-CLASSIC ORCHESTRAコンサート(コンサートホール)
5月25日 プティパ生誕200年記念ガラ・コンサート
・『王のディヴェルティスマン』よりハイライト
出演:フィリップ・スチョーピンほか
・『ラ・バヤデール』より「影の王国」のシーン
出演:エカテリーナ・コンダウロワ、アンドレイ・エルマコフ
・『眠れる森の美女』第1幕よりワルツ
出演:マリインスキー・バレエのアーティストおよびワガノワ・アカデミー生徒
・『眠れる森の美女』よりオーロラ姫とデジレ王子のアダージオ
出演:アリーナ・ソーモワ、ティムール・アスケロフ
・『ドン・キホーテ』よりパ・ド・ドゥ
出演:レナータ・シャキロワ、ウラジーミル・シクリャローフ
・『白鳥の湖』よりマズルカ
出演:マリインスキー・バレエのアーティスト
・『瀕死の白鳥』
出演:オクサーナ・スコーリク
・『ライモンダ』よりグラン・パ
出演:オレシア・ノヴィコワ、ヤーナ・セリーナ、アンドレイ・エルマコフほか
・『パキータ』よりハイライト
出演:ヴィクトリア・テリョーシキナ、ザンダー・パリッシュほか
5月27日 『カルメン組曲』『マルグリットとアルマン』
5月30、31日、7月4日 『バフチサライの泉』

1808Petipa003.jpg

La Bayadère by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

6月1、2、3日 『眠れる森の美女』(ヴィハレフ版)
6月5、6、7日 『ラ・バヤデール』(セルゲイエフ版)
6月8、9日、7月27、28日 『アンナ・カレーニナ』(ラトマンスキー版、マリインスキーII)
6月10、11日 『ジュエルズ』(マリインスキーII)
6月12、14、16日 ワガノワ・バレエアカデミー卒業公演
6月13日 『ロミオとジュリエット』(ラブロフスキー版)
6月15日 『結婚』『3楽章の交響曲』『コンチェルトDSCH』 (マリインスキーII)
6月16、17日 『真夏の夜の夢』(バランシン版)
6月20日 辻井伸行とゲルギエフ ベートーヴェン『ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 "皇帝"』(マリインスキーII)
6月20、21日 『ドン・キホーテ』(ゴルスキー版)
6月22日 『お嬢さんとならず者』(ボヤルスキー版)『レニングラード・シンフォニー』(ベリスキー版、マリインスキーII)
6月22日 三浦文彰とゲルギエフ メンデルスゾーン『ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64』ほか(コンサートホール)
6月23、24、25日 『パキータ』(スメカロフ、ブルラーカ版)
6月24日 辻井伸行ピアノ・リサイタル ショパン『ポロネーズ 変イ長調"英雄"』ほか(コンサートホール)
6月27日 『ショピニアーナ』『薔薇の精』『瀕死の白鳥』『シェヘラザード』(ミハイル・フォーキンの夕べ)
6月28日 『カルメン組曲』『若者と死』『コンチェルトDSCH』(マリインスキーII)
6月29、30日 『青銅の騎士』(マリインスキーII)

7月1、3日 『眠れる森の美女』(セルゲイエフ版、マリインスキーII)
7月5日 『四季』(マリインスキーII)
7月6、7、8日 『白鳥の湖』(セルゲイエフ版)
7月10、12日 『ジゼル』(12日ソーモワ/ホールバーグ)
7月11日 若手振付家によるクリエイティブ・ワークショップ
7月13、14日 『海賊』(グーゼフ版、マリインスキーII)
7月15日 『ロミオとジュリエット』(ラブロフスキー版)
7月18、19日 『愛の伝説』(グリゴローヴィチ版、マリインスキーII)
7月20、21日 『アポロ』『イン・ザ・ナイト』『シンフォニー・イン・C』(20日『アポロ』ホールバーグ)
7月22、23日 『ラ・シルフィード』(ブルノンヴィル版)
7月25日 『イワンと仔馬』(ラトマンスキー版, マリインスキーII)
7月26日 『ペトルーシュカ』(ヴァルナヴァ版)『シーズンズ』(ケイヘル版)
7月27、28日 『アンナ・カレーニナ』(ラトマンスキー版、マリインスキーII)
7月29日 クロージング作品『イワンと仔馬』(ラトマンスキー版、マリインスキーII)

1808Petipa010.jpg

The Young Lady and the Hooligan by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa008.jpg

Romeo and Juliet by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre

1808Petipa002.jpg

Apollo by Natasha Razina © State Academic Mariinsky Theatre


■マリインスキー劇場 第26回音楽祭「白夜のスターたち」
XXVI Music Festival Stars of the White Nights at Mariinsky Theatre
https://www.mariinsky.ru/en/playbill/festivals/fest2017_2018/wnf_2018

■マリウス・プティパ生誕200年記念デジタル・アーカイブ
https://www.mariinsky.ru/about/exhibitions/petipa200

 

 

ワールドレポート/その他

[ライター]
香月 圭

ページの先頭へ戻る