チャコット公式Webサイトの表示不具合に関して<9/21現在>

カンパニーでこぼこ、針山愛美がオーケストラと共演──ニューイヤー祝祭コンサート2021「オペラアリアとバレエの饗宴」

ワールドレポート/大阪・名古屋

すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna

国際交流協会「オペラアリアとバレエの饗宴」

脇塚力:振付

例年、指揮の守山俊吾とブルガリア国立ソフィア歌劇場との縁から、ブルガリアのオペラ歌手を招いて行われている「ニューイヤー祝祭コンサート」。今年は新型コロナ禍でそれは叶わず、日本、地元のオペラ歌手が集って、ニューイヤー祝祭オーケストラ、バレエと共演する「オペラアリアとバレエの饗宴」となった。

218osaka02_02STAGE-GRAPHICA.jpg

『ライモンダ』ライモンダ:針山愛美、ジャン・ド・ブリエンヌ:脇塚優 撮影:STAGE GRAPHICA 野田直樹

バレエは、毎年恒例のカンパニーでこぼこと共に、今回このコンサートに初めて出演したのが針山愛美。まず、幕開けがマスネの『タイスの瞑想曲』だったのだが、舞台で井口華奈がヴァイオリン演奏するなか、上方のパイプオルガンのところに針山が登場。上半身だけの踊りで一気に観客を惹きつけたのはさすが。
針山はその後、『瀕死の白鳥』を佐藤響のチェロ、中埜未奈子のハープに乗せて。スラッとした長い手脚をなめらかに使い、たおやかながら芯の強さを感じさせる踊りを観せてくれた。客席には、普段、そんなにバレエを観るわけではない音楽ファンが多いようだったが、そういった方々の"バレリーナ"のイメージにぴったりだったようで、うっとりと見惚れている気配が感じられた。

218osaka02_06Art-Link.jpg

『美しき青きドナウ』撮影:Art Link 正木万博

218osaka02_09Art-Link.jpg

『美しき青きドナウ』脇塚力
撮影:Art Link 正木万博

カンパニーでこぼこが登場したのは、まず、新春らしい『美しき青きドナウ』。パステルトーンのロマンティック・チュチュのバレリーナたちの群舞は、観ているだけで華やいだ気分にしてくれる。脇塚力の喜び溢れる笑顔のジャンプも印象的。

そして、後半のバレエの見せ場が『ライモンダ』。3幕のグラン・パとチャルダッシュ。ソリストのヴァリエーション付きで、針山愛美がライモンダ、脇塚力の息子で、一昨年のローザンヌ国際コンクール4位で話題になった脇塚優がジャン・ド・ブリエンヌを踊り、チャルダッシュの中心を中嶋美晴と脇塚力。針山はベテランの年齢かと思うが、可愛らしい魅力が前面に出て、憂いというよりも軽やかさと優雅さで観せた。そして脇塚優、甘いマスクに優しい表情、加えて高いジャンプなどのテクニックも美しく決まり惹きつけられた。伸び盛り、世界的な活躍を期待したい若手だ。
(2021年1月3日 ザ・シンフォニーホール)

218osaka02_01STAGE-GRAPHICA.jpg

『ライモンダ』ライモンダ:針山愛美、ジャン・ド・ブリエンヌ:脇塚優、カンパニーでこぼこ
撮影:STAGE GRAPHICA 野田直樹

218osaka02_03STAGE-GRAPHICA.jpg

『ライモンダ』ソリスト:福井友美
撮影:STAGE GRAPHICA 野田直樹

218osaka02_04STAGE-GRAPHICA.jpg

『ライモンダ』ジャン・ド・ブリエンヌ:脇塚優
撮影:STAGE GRAPHICA 野田直樹

218osaka02_05STAGE-GRAPHICA.jpg

『ライモンダ』ジャン・ド・ブリエンヌ:脇塚優
撮影:STAGE GRAPHICA 野田直樹

218osaka02_07Art-Link.jpg

『ライモンダ』脇塚力、中嶋美晴
撮影:Art Link 正木万博

218osaka02_08Art-Link.jpg

『ライモンダ』ジャン・ド・ブリエンヌ:脇塚優
撮影:Art Link 正木万博

記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。

ページの先頭へ戻る