令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

高度な技術を見せた大久保彩香のオディール、下森瑞振付のチャイコフスキーに捧げるバレエ──iSバレエ・リサイタル

ワールドレポート/大阪・名古屋

すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna

iSバレエ・アカデミア

下森瑞:演出・振付『ありがとう、ペーチャおじさん』ほか

ISバレエアカデミア発表会 撮影:金原優美(テス大阪)1228.jpg

『白鳥の湖』第3幕
オディール:大久保彩香、ロットバルト:泉ポール
撮影:金原優美(テス大阪)

泉ポールと下森瑞が主宰するiSバレエのリサイタル。アメリカのノース・ウエスト・バレエのソリストとして活躍した経験を持ち、国内のガラ公演などでいつも魅力ある踊りを観せてくれる大久保彩香を筆頭に、実力あるダンサーが複数在籍する団体だ。
もっとも見応えがあったのは、その大久保がオディールを踊った『白鳥の湖』第3幕。大久保は楽しげな表情で王子を誘惑。3回転のピルエットなど高度なテクニックを、そうとは思わせない余裕を感じさせて演技のなかでこなす。王子のエルフィンストンも良いスタイルに無邪気さが出て、この役にとても合っていた。そして、やはりロットバルトの泉ポールは、"怪優"という言葉が浮かぶほど、こういった役が秀逸。そのしぐさや表情に引きこまれた。
ソリスト陣も充実。おそらく新人と思えるダンサーで眼を引いたのはピエロの木下大輔、神田水月、田中南帆。表情も動きも、これからが楽しみな3人だ。花嫁候補も、白井貴子、岡田和香葉、安藤小夏、石本美紅、村山由芽と、既に実力があると認められているダンサーを含め、良いダンサーが並んだ。王妃の辻戸香世子やディベルティスマンも適材適所だった。

ISバレエアカデミア発表会 撮影:金原優美(テス大阪)1267.jpg

ナポリ:早瀬杏樹
撮影:金原優美(テス大阪)

ISバレエアカデミア発表会 撮影:金原優美(テス大阪)1583.jpg

オディール:大久保彩香、ジークフリード:アンドリュー・エルフィンストン、王妃:辻戸香世子、ロットバルト:泉ポール、
撮影:金原優美(テス大阪)

ISバレエアカデミア発表会 撮影:古都栄二(テス大阪)1140.jpg

花嫁候補:白井貴子、岡田和香葉、安藤小夏、石本美紅、村山由芽
撮影:古都栄二(テス大阪)

ISバレエアカデミア発表会 撮影:古都栄二(テス大阪)1309.jpg

チャルダッシュ:白井貴子、大西慎也
撮影:古都栄二(テス大阪)

ISバレエアカデミア発表会 撮影:古都栄二(テス大阪)1350.jpg

マズルカ:岡田和香葉、邊田陽大
撮影:古都栄二(テス大阪)

ISバレエアカデミア発表会 撮影:古都栄二(テス大阪)1435.jpg

オディール:大久保彩香、ジークフリード:アンドリュー・エルフィンストン
撮影:古都栄二(テス大阪)

最後の演目は、下森瑞演出振付の『ありがとう、ぺーチャおじさん』。"ペーチャ"は、ロシアの男性の名前、ピョートルの愛称。ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーに捧げる演目だ。
チャイコフスキーが甥や姪にあたる子どもたちに披露したものが元という『白鳥の湖』をはじめ、『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』などの主要な役柄を小学校4年生の子どもたちが演じ(この団体では、毎年、小学校4年生が大きな役を担って頑張ることになっている。今年は、泉と下森の息子である泉摩秀が4年生でジークフリート役を踊った)、踊れるダンサーたちはワルツ等の群舞で盛り上げた。また、泉ポールはチャイコフスキー役で全体を見守る。3度目の再演。チャイコフスキー三大バレエへの愛と子どもたちへの愛が溢れた作品だ。
日本には、バレエ団としての公演を毎年行うことが難しい団体も多いが、プロと言える実力派がその力を観せる演目と、脇に回りながら、成長過程の子供たちの舞台経験をサポートする演目を組み合わせてのこの舞台は、とてもセンス良く構成されていると感じた。
(2019年8月22日 豊中市立文化芸術センター・大ホール)

ISバレエアカデミア発表会 撮影:古都栄二(テス大阪)2568.jpg

『ありがとう、ペーチャおじさん』チャイコフスキー物語
撮影:古都栄二(テス大阪)

記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。

ページの先頭へ戻る