令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

それぞれの踊り手の個性を生かしたヴァリエーション集と『くるみ割り人形』全幕が上演された「iSバレエ・フェスティバル」

ワールドレポート/大阪・名古屋

すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna

iSバレエ・アカデミア/泉・下森バレエ団

泉ポール・下森瑞:構成・演出・振付

iS-Ballet-2019-Festival-撮影:岡村昌夫(テス大阪)1072.jpg

『くるみ割り人形』花のワルツ 花の女王:岡田和香葉、ソリスト:大久保彩香、白井貴子
撮影:岡村昌夫(テス大阪)(すべて)

泉ポールと下森瑞が主宰するiSバレエ・アカデミアと泉・下森バレエ団の舞台。第1部でソロのヴァリエーションが並ぶコンサート、第2部では『くるみ割り人形』全幕が上演された。
まず、第1部を観ていて、それぞれの踊り手の個性を活かして成長させる指導を受けていることが感じられた。この団体の舞台だけでなく海外含め、多くの舞台で踊っている大久保彩香を筆頭に、確かな基礎に基づいた実力派のダンサーたち、そしてそれに続く若い世代も各々の魅力を活かしていたのが良い。いくつか例を挙げると、『パキータ』のエトワールのヴァリエーションを踊った村山萌日は恵まれたスタイル、周りを明るくするような華やかな存在感。『眠れる森の美女」よりローズ・アダージオを踊った田中南帆は自然な表情でいて、高貴さが出ていたのが良い。3幕のオーロラを踊った石本美紅は、優しげで品良く柔らかい動き。『バヤデルカ』よりガムザッティのヴァリエーションを踊った川上明日那は、大きな動きで伸び伸び活き活き。
少し、先輩格になるのだろうか、その後に続いたヴァリエーションはさらに完成度が高いものが多かった。川浪ともなの『グラン・パ・クラシック』よりヴァリエーションは、良いスタイルで挑戦的でさえある強さ、岡田和香葉のシャープさが際立つ『白鳥の湖』より黒鳥のヴァリエーション、白井貴子の威厳を保ちながら楽しげなエスメラルダのヴァリエーション。そして、はじめにお名前を挙げた大久保の『サタネラ』よりヴァリエーションはさすがの存在感、美しい脚の甲を活かしての、歌うように楽しげな踊りに惹きこまれた。
その最後には現代作品も上演、迫力を感じる氏家萌乃佳の『幻香』、子供らしさを活かした村瀬亜衣良振付の『僕を探しに』を泉磨秀が自然に踊っていたのも印象に残った。

iS-Ballet-2019-Festival-撮影:岡村昌夫(テス大阪)0353.jpg

『サタネラ』よりヴァリエーション
大久保彩香

iS-Ballet-2019-Festival-撮影:岡村昌夫(テス大阪)0494.jpg

『くるみ割り人形』ドロッセルマイヤー:泉ポール、コロンビーヌ:田中南帆、ハレルキン:神田水月

iS-Ballet-2019-Festival-撮影:岡村昌夫(テス大阪)0535.jpg

『くるみ割り人形』クララ:石本美紅、ドロッセルマイヤー:泉ポール

第2部の『くるみ割り人形』は、他の団体の舞台でもドロッセルマイヤー役で何度も楽しませてくれた主宰の泉ポール、下森瑞もお母さん役で出演していた。クララ&王子は、石本美紅&天上遼太郎。石本の素直な踊り、天上の優しげで美しい踊りが良かった。また、ネズミの女王は大久保彩香で、この役をトウ・シューズで踊り、戦いの中で優美なフェッテ・アン・トゥールナンも。 
そして、とてもレベルが高いと感じたのは花のワルツ。花の女王を岡田和香葉、ソリストを大久保彩香と白井貴子、そしてコール・ド・バレエも一定以上のレベルのダンサーたちで、気持ちも揃っていることが感じられる穏やかな群舞、こういう幸せな空気感は、とても良い。女王とソリストはチュチュで、コール・ド・バレエはストンとしたワンピースに小花のリースのような頭飾り。それもとてもセンス良く思えた。
細かいところにも心を込めた工夫がさりげなく凝らされていることが感じられる舞台だった。
(2019年3月27日 豊中市アクア文化ホール)

iS-Ballet-2019-Festival-撮影:岡村昌夫(テス大阪)0630.jpg

『くるみ割り人形』くるみ割り人形:天上遼太郎、ネズミの女王:大久保彩香

iS-Ballet-2019-Festival-撮影:岡村昌夫(テス大阪)0669.jpg

『くるみ割り人形』クララ:石本美紅、くるみ割り人形:天上遼太郎

iS-Ballet-2019-Festival-撮影:岡村昌夫(テス大阪)8055.jpg

『くるみ割り人形』花のワルツ
花の女王:岡田和香葉、ソリスト:大久保彩香、白井貴子

iS-Ballet-2019-Festival-撮影:岡村昌夫(テス大阪)0697.jpg

『くるみ割り人形』雪 ソリスト:川浪ともな、早瀬杏樹、川上明日那
撮影:岡村昌夫(テス大阪)(すべて)

記事の文章および具体的内容を無断で使用することを禁じます。

ページの先頭へ戻る