令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

情感が溢れ胸を打つ、役を生き抜いたダンサーたち、オーストラリア・バレエ団の新作『スパルタクス』

ワールドレポート/オーストラリア

岸 夕夏 Text by Yuka Kishi

AUSTRALIAN BALLET オーストラリア・バレエ団

『SPARTACUS』Choreographed by Lucas Jervies
『スパルタクス』ルーカス・ジャーヴィス:振付

TAB_SPARTACUS_Jarryd-Madden-and-Tristan-Message_photo-Jeff-Busby.jpg

TAB. "SPARTACUS" Jarryd Madden & Tristan Message, Photo by Jeff Busby

オーストラリア・バレエ団は、古代ローマの奴隷反乱の史実を基とした『スパルタクス』を3年かけて新たに創作し、9月にメルボルンで世界初演を行った。それまでのオーストラリア・バレエ団の『スパルタクス』は、1978年にレパートリー入りしたラースロー・シェレギ版(1968年初演)で、2002年が最後の上演となった。このヴァージョンは1990年にオーストラリア・バレエ団がアメリカツアーを行い、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場公演は絶賛された。タイトルロールを踊ったのは当時のプリンシパル・ダンサー、スティーブン・ヒースコート。彼のスパルタクスの写真は「ビルボード」にも掲載され、ニューヨークの街中に張られた『スパルタクス』のポスターがすべて盗まれたという。この公演はいまだに伝説的な語り草になっている。(当時の舞台写真は今回のプログラムにも掲載されていた)
新らしい『スパルタクス』の制作にあたっては基金が設けられ、製作費用の8割近い寄付が個人ファンから寄せられた。満を持してといった感のあるこの作品は、オーストラリア・バレエ団のダンサーだった、ルーカス・ジャーヴィスが振付けている。ジャーヴィスは、ケイト・ブランシェットやメル・ギブソンなど名だたる俳優を輩出している、通称NIDAと呼ばれるオーストラリア国立演劇学院で舞台監督術を学んだ。振付家がそのようなバックグラウンドを持つためか、この新作には、ダンサーに高い演技力を求めた演劇的な要素が強く感じられた。
また、グラディエーターを踊る男性ダンサーそれぞれに、マッチョな体形を維持するためにジムのトレーナーが付いた。
オーストラリア・バレエ団は、『スパルタクス』を9月にメルボルンで14回の上演し、その数週間後に中国ツアーで『眠れる森の美女』を上演。またその後11月にはシドニーで19回の『スパルタクス』公演が行われる。2箇所の『スパルタクス』公演に挟まれた『眠れる森の美女』公演の衣装を着るためには、男性ダンサーは短期間に体形を変えなくてはならなかった。厳しい身体条件と高い演技力も求められる過酷なチャレンジだったのではないだろうか。
新作『スパルタクス』はプリンシパルのケビン・ジャクソンをイメージして創作されたものだが、私はシニア・アーティスト(プリンシパルに次ぐランク)のジャレッド・マデンのスパルタクスと、その妻、フリーギアをプリンシパルの近藤亜香(あこ)が踊った舞台を鑑賞した。

TAB_SPARTACUS_Ako-Kondo-and-Jarryd-Madden_photo-Jeff-Busby.jpg

TAB. "SPARTACUS" Ako Kondo & Jarryd Madden, © Jeff Busby

TAB_SPARTACUS_Ako-Kondo-and-Adam-Bull_photo-Jeff-Busby.jpg

TAB. "SPARTACUS" Ako Kondo & Adam Bull © Jeff Busby

アラム・ハチャトゥリアン(1903-1978)が作曲した壮大な交響曲で幕が開くと、赤い旗を振る群舞のダンサーと、青、浅葱色、黒のドレスをまとった女性ダンサー、金色の月桂樹を冠した執政官クラッスス、という美しいカラーパレットが舞台に現れた。薄茶色の衣装を着た捕虜役のダンサーたちは怯え、執政官役のプリンシパル・ダンサー、アダム・ブルは冷徹な面持ちで君臨している。長身のブルのジャンプは高くスピーディで端麗、舞台に大きな弧を描くように旋回すると、そこには冷たい高貴な感覚が立ち昇る。

捕虜たちが奴隷競売で買われていく場面では、哀しみと恐怖の叫びがダンスから滲み出た。パンツだけの男たちの拳闘シーンは剣を使わず、すべて素手での闘いだ。殴る度にピシャリと肌を打つ音が発せられ、時には男たちの胴体に赤みがさす。第1幕でスパルタクスがフリーギアを空想するパ・ド・ドゥでは、しなやかなアームスで踊る近藤は儚げでピュアな美しさを宿していた。
振付家が描いたスパルタクスは平和を望んでいる。腕に甲冑を装着して闘技場で友との戦いを強いられ、友を殺してしまう場面では、スパルタクスの苦悩がマデンの演舞から深く表出された。

TAB_SPARTACUS_Ako-Kondo-and-Jarryd-Madden_photo-Jeff-Busby-(2).jpg

TAB. "SPARTACUS" Ako Kondo & Jarryd Madden, © Jeff Busby

TAB_SPARTACUS_Artists-of-The-Australian-Ballet_photo-Jeff-Busby-(4).jpg

TAB. "SPARTACUS" Artist of The Australian Ballet, Photo by Jeff Busby

指で天を指し示した大きな手や闘技場、ローマのコロッセウムを想起させる3階建ての回廊など、舞台美術のスケールは巨大だ。装置にはグレーのモノトーンを使い、洗練されたシンプルなラインの衣装は美しい色彩で彩られていた。その美しさは、遥かな古代と過酷な現代がどこかで交錯し、今、世界中の至る所で起きている苛烈な事象と通底し、幻を眼前にしているのではないか、と錯覚に陥らせた。

TAB_SPARTACUS_Artists-of-The-Australian-Ballet_photo-Jeff-Busby-(2).jpg

TAB. "SPARTACUS" Artist of The Australian Ballet, Photo by Jeff Busby

第2幕では、巨大な3階建て回廊のセットの前に、湯気が立つ多くの円形バスタブが舞台に置かれた。女奴隷たちに体を洗わせながら、風呂で戯れる享楽の中、抱き合い、キスをするエロチックなシーンとなる。奴隷女たちの群舞から、哀切を帯びた苦悩が浮かび上がり、美しいドレスをまとった貴族たちの乱痴気騒ぎとは対照的。湯につかる女たちを絞め殺したグラディエーターと、奴隷女たちとのダンスは刹那的で歓喜と絶望が混濁する。

TAB_SPARTACUS_Artists-of-The-Australian-Ballet_photo-Jeff-Busby-(3).jpg

TAB. "SPARTACUS" Artist of The Australian Ballet, © Jeff Busby

TAB_SPARTACUS_Artists-of-The-Australian-Ballet_photo-Jeff-Busby.jpg

TAB. "SPARTACUS" Artist of The Australian Ballet, © Jeff Busby

スパルタクスは剣闘士として友を殺すことを強いられ、愛する妻を奴隷として奪われた。その執政官クラッススを追い詰め、容易に殺すことができたのだが、抑えきれない怒りが極限に達したその時に、クラッススに慈悲をかけてしまう。この場面では、演じる人物の逡巡する瞬間の大きな感情のうねりがダンサーに並みならぬ演技力を求める。物語を大きく転換させる、その一瞬の渦巻く感情の揺れが、この夜のマデンからは十分に吐露されたなかったと思う。本来、素晴らしいアーティストであるマデンが、この場面では本領を発揮するまでには至らなかったように私には感じられたのは残念だ。

TAB_SPARTACUS_Lana-Jones-and-Adam-Bull_photo-Jeff-Busby.jpg

TAB. "SPARTACUS" Lana Jones & Adam Bull © Jeff Busby

執政官クラッススの妻、テルトゥラ役はプリンシパルのラナ・ジョーンズが当初キャスティングされていたが、同夜はシニア・アーティストのヴァレリー・テレスチェンコだった。高貴で冷徹、傲慢な最高権力者の夫、クラッススに、従順に従う素振りなど微塵もみせない強い女をテレスチェンコは見事に表していた。血まみれになって磔刑されたグラディエーターたちに愉悦の視線と笑みを投げかけ、最後にクラッススと踊る端正なデュエットはゾッとするほど優美であった。
第3幕の哀愁あるオーケストラのメロディーにのって踊られる、スパルタクスとフリーギアのパ・ド・ドゥは胸を締めつけられる。スパルタクスは愛する妻への想いを連ね、未来のないことを予感し、フリーギアを頭上高くリフトする。近藤は深い想いを全身で表現し、アラベスクの指先からも苦悶と命への希求が表れた。磔刑されて血まみれになり、生きる屍同然となって晒されたスパルタクスの足元で踊る近藤の長いソロは、恐ろしい慟哭のダンスとなって、物語を終幕にへと導いた。
満席の劇場は大きな喝采とブラボーに溢れ、幕が下りたのだった。
(2018年9月26日 メルボルン・ステートシアター)

TAB_SPARTACUS_Ako-Kondo-and-Jarryd-Madden_photo-Jeff-Busby-(3).jpg

TAB. "SPARTACUS" Ako Kondo & Jarryd Madden, Photo by Jeff Busby

『スパルタクス』 全3幕バレエ
振付:ルーカス・ジャーヴィス(Lucas Jervies)
音楽:アラム・ハチャトゥリアン(Aram Khachaturian )
衣装・美術:ジェローム・カプラン(Jérôme Kaplan)
照明デザイン:ベンジャミン・シスターネ (Benjamin Cisterne)
台本:イマラ・サベージ(Imara Savage)
格闘シーンディレクター:ナイジェル・ポルトン(Nigel Poulton )
ニコレット・フレリオン指揮 ヴィクトリア交響楽団
(Nicolette Fraillon conducting Orchestra Victoria )

配役(2018年9月26日)
スパルタクス: ジャレッド・マデン (Jared Madden)
フリーギア: 近藤亜香 (Ako Kondo)
クラッスス : アダム・ブル(Adam Bull)
テルトゥラ: ヴァレリー・テレスチェンコ (Valerie Tereschchenko)
クリッサス: ショーン・アンドリュー  (Shaun Andrews)
ケアス: メイソン・ラブグローブ (Mason Lovegrove)
ユースティシア: ジャスミン・ダーハム (Jasmin Durham)
エルメス: カラム・リネイン (Callum Linnane)
スコーピアス: ネイサン・ブルック (Nathan Brook)
バティアトス: トリスタン・メサージ (Tristan Message)
奴隷競売人: ディミティ・クレオリス (Dimitri Kleioris)

ページの先頭へ戻る