ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>: 月別アーカイブ

From Osaka Nagoya <大阪・名古屋>

2011年01月
From Osaka -大阪-

繊細な表現をみせた康村和恵の金平糖の精

今年のバレエスタジオミューズの『くるみ割り人形』、金平糖は康村和恵、この団体で育ったダンサーが里帰りしての出演だ。王子役の佐々木大も、オープンスタジオとしてのこのスタジオでよくレッスンしていたと聞く。・・・
[2011.01.11]
From Osaka -大阪-

関西のコンテンポラリーダンスの先駆、ヤザキタケシの3作品

関西のコンテンポラリーダンスの先駆、ヤザキタケシの初期の作品2つと新作1つを組み合わせた公演が行われた。 どれもソロ作品で、興味深いのは、A、B、C、3つのプログラムが用意され、AとBでは、若いダンサ・・・
[2011.01.11]
From Nagoya -名古屋-

「愛と生」と「死の暗示」を際立たせた吉見ゆうこ引退『ロメオとジュリエット』

吉見ゆうこの現役引退記念にして、バレエスタジオ創立15周年記念のバレエ公演が開催された。『ロメオとジュリエット』の上演での引退が夢だったと語る吉見の意気込みに負けない、配慮の行き届いた舞台を繰り広げた・・・
[2011.01.11]
From Nagoya -名古屋-

名古屋のコンテンポラリー・ダンスの四つのユニットの実験作

名古屋を代表する老舗の現代舞踊団、オクダモダンダンスクラスターの主催する「DANE JUKU シアター」が3回目の公演を行った。 主宰の倉知によるこの公演の趣旨は「作品のための「動き」は、コレオグラフ・・・
[2011.01.11]
From Nagoya -名古屋-

新しい世代のダンサーたちも挑戦した松岡伶子バレエ団『白鳥の湖』

松岡伶子バレエ団の『白鳥の湖』が6年ぶりに上演された。今回は主役も大きく代替わり。2日公演の初日はオデットとオディール役は日替わりで同バレエ団の若手が主役デビューを飾り、2日目はすでにバレエ団の看板・・・・
[2011.01.11]