ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2010年11月

ボリショイ・バレエとマリインスキー・バレエは同じ舞台に立つといっそう美しい

「ここでは競い合ったり、覇を争ったり、美をめぐって対立したりするのではなく、自分の実力を遺憾なく発揮し、自分の才能、ロシアの二大都市に脈々と流れるバレエの豊穣な伝統を意気高らかに余すところなくお見せし・・・
[2010.11.10]

オーストラリア・バレエ団の衝撃的な『白鳥の湖』切なさ溢れる『くるみ割り人形』

オーストラリア・バレエ団が3年振りに来日し、古典名作の時代設定や物語を大胆に作り変えたグレアム・マーフィーの話題の2作品を上演した。一つは『白鳥の湖』。英国王室を舞台に、オデットを故ダイアナ元王妃にな・・・
[2010.11.10]

激動の時代を背景に力強く描かれたドラマティック・バレエ『レ・ミゼラブル』

谷桃子バレエ団は創立60周年記念公演シリーズの最後の作品として、望月則彦演出・振付・選曲の『レ・ミゼラブル』を再演した。 プログラムには2003年の初演時の演出ノートをそのまま掲載し、同時に再演にあ・・・
[2010.11.10]

茂田絵美子が主役デビューを飾った『ラ・シルフィード』

牧阿佐美バレヱ団が、ブルノンヴィルによるロマンティック・バレエの名作『ラ・シルフィード』と、抽象バレエの名手バランシンによる『セレナーデ』を上演した。特に『ラ・シルフィード』は、今回が12年振りの上・・・
[2010.11.10]

熊川哲也の主演、振付ならではのリズムよく楽しいバレエ『コッペリア』

K-Ballet Companyの熊川哲也版『コッぺリア』は楽しい。そして私は熊川哲也が演じるフランツが好きだ。彼の踊る主要な役の中で一番気に入っている。一般的には熊川はヒーローや王子役を踊るバレエ・・・
[2010.11.10]

象徴的な動きを駆使して巧みに踊った志賀育恵の火の鳥

毎年開催されてきた東京シティ・バレエ団と東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のコラボレーションによる「オーケストラwithバレエ」は、今年で16回目を迎えた。オーケストラとバレエダンサーを同じ舞台・・・
[2010.11.10]

岩田守弘の振付で圧巻の踊りをみせたルジマトフ

『COLD SLEEP』は、地球が滅亡した後の世界が設定されている。 種の保存のために処置されていたCOLD SLEEPからめざめた女性と、その子供かもしれない男が恋に陥り、やがて別れ、膨大な時間が・・・
[2010.11.10]

衝動的な動きで踊られたショッキングなダンス

ピーピング・トムの『ヴァンデンブランデン通り32番地』は雪の中。下手に一部屋、上手に二部屋が通りに面して建っている。 いくつものトランクをもって、恐らくは長い旅の果てに流れ着いた人たちがいる。ここは・・・
[2010.11.10]