ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2007年03月

様々の『ジゼル』が楽しかった、三つの公演から

  1月の末から2月までに三つの『ジゼル』が上演された。  まず、昨年末から来日公演を行っていたレニングラード国立バレエ団に、ファルフ・ルジマトフがゲスト出演した舞台。演奏は、同じ劇場のセルゲイ・ホリ・・・
[2007.03.10]

新国立劇場バレエ、真忠久美子と山本隆之の『眠れる森の美女』

新国立劇場のレパートリーとなっている『眠れる森の美女』は、コンスタンチン・セルゲーエフの改訂振付によるマリインスキー劇場版である。美術・衣裳はシモン・ヴィルスラーゼ、エルマノ・フローリオが東京管弦楽団・・・
[2007.03.10]

松山バレエ団の新『白鳥の湖』

通常上演されている『白鳥の湖』の基本とされるプティパ版では、ある王国の王子ジークフリートの成人式から始まり、母の王妃から王国をつつがなく収めるためにも花嫁を娶るように要請される。王子は、自由気ままに過・・・
[2007.03.10]

ナチョ・ドゥアトとヤンファーブル

2月には、ナチョ・ドゥアトとヤン・ファーブルという世界の注目を集める舞踊家の公演を観ることができた。ドゥアトは、1999年にドイツのワイマール市と共同制作した『バッハへのオマージュ』を上演した。この作・・・
[2007.03.10]

『如風』『ニュー・ホライズン』『PROJECT KALEIDO』

  能の太鼓方の伝統を受け継ぎ、コンテンポラリー・ダンスや現代音楽とも積極的にコラボレーションを行っている、大倉正之助が構成・演出した『如風』。音 楽・演奏はネイティヴ・アメリカンのロバート・ミラバル・・・
[2007.03.10]

大島早紀子が演出・振付けたシュトラウスの『ダフネ』日本初演

 二期会がリヒャルト・シュトラウスの「牧歌的悲劇」と称されるオペラ『ダフネ』(全1幕)を、H・アール・カオスの大島早紀子の演出・振付により日本初演した。指揮は、R・シュトラウスのオペラを数多く日本初演・・・
[2007.03.10]

新村英一ほかの戦時下の日本人を描いた『カーネギーの日本人』

 太平洋戦争の最中、ニューヨークの芸術の殿堂カーネギー・ホールに「バレエ・アート・ニムラ」というスタジオを開いて活動していた、日本人舞踊家をご存知だろうか。彼、諏訪出身の新村英一は、21歳の時にアメリ・・・
[2007.03.10]