ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2013年02月

音楽と共鳴する優しさが清新な印象を残した、ブベニチェク兄弟のガラ公演

「ノイマイヤーのところに素敵な双児の男性ダンサーがいる」といった話題が行き交い、注目して見てみよう、と思ったのはつい最近のことのような気もする。ところが時が早送りされて、そのブベニチェク兄弟がニューイ・・・
[2013.02.12]

「中国の役人」になりきって木村和夫が好演、踊り納めになるのが惜しまれる

東京バレエ団が、〈モーリス・ベジャール没後5周年記念シリーズ〉の第2弾として、年末の『くるみ割り人形』に続き、〈ベジャール・ガラ〉を2日にわたって行った。記念の年にかかわらず、同バレエ団はしばしばベジ・・・
[2013.02.12]

フィリピエワとマトヴィエンコの息の合ったパートナーシップ、キエフ・バレエ

タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立キエフ・バレエ団が来日し、『くるみ割り人形』『ジゼル』『眠りの森の美女』『白鳥の湖』ほかを上演した。キエフ・バレエは昨年11月に、キエフ出身でマリンスキー・バレ・・・
[2013.02.12]

ドラマとしてバレエとして楽しかった谷桃子バレエの『くるみ割り人形』新春公演

谷桃子バレエ団が『くるみ割り人形』を芸術監督の望月則彦が、イワーノフ版に基づき新たに演出・振付け、初演した。振付に関しては伊藤範子、岩上純、鈴木和子が部分的に参加している。 金平糖の女王が林麻衣子と佐・・・
[2013.02.12]

世界文化賞を受賞して、ダンサー森下洋子の積極的な姿勢が際立った舞台

毎年恒例となっている、松山バレエ団新春公演の新『白鳥の湖』。今回は設立65周年と森下洋子の高松宮殿下記念世界文化賞の受賞とトリプルのお祝いが重なった。 ・・・
[2013.02.12]

勅使川原三郎が佐東利穂子のために創った詩『ダンサーRの細胞』

天井から白い糸が吊るされている客席に座る。 やがて、糸越しに見つめる暗闇の舞台を光の糸が横断し、その細い、頼りない糸から落ちないように体をこわばらせながらジイフの後ろ姿が去って行く。 続いて、光の中に・・・
[2013.02.12]

音楽に乗ってダイナミックに踊られたバランシン、ビントレー、サープのトリプルビル

2013年の新春を飾る新国立劇場ダンス公演はダイナミック・ダンスで、ヨハン・セバスチャン・バッハ/ジョージ・バランシンの『コンチェルト・バロッコ』、ディヴ・ブルーベック、ポール・デスモンド/デヴィッド・・・
[2013.02.12]

趣向を凝らしヴァラエティに富んだ構成が楽しかった、西島千博の新春特別公演

西島千博が個人事務所エヌディプラスを立ち上げ、「西島千博ソロ特別公演〜世界にひとつだけの華達」という旗揚げ公演を行った。久しぶりに西島自身をフューチャーしたプログラムを組み、大いに気合いが入った。 演・・・
[2013.02.12]

ソリストの充実ぶりを感じさせる華やかな『くるみ割り人形《お伽の国》』

平成24年の新国立劇場地域招聘公演は、貞松・浜田バレエ団のAプロ『くるみ割り人形』とBプロはキリアン『6DANCES』、森優貴『Memoryhouse』、ナハリン『DANCE』だった。 ・・・
[2013.02.12]

海に沈んだかも知れない母国との対話、アクラム・カーン『デッシュ』

撮影/池上直哉 アクラム・カーンの『デッシュ』を観た。ロンドンでバングラデシュ系の家族の元・・・
[2013.02.12]