ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2008年12月

新国立劇場次期芸術監督ビントレーの新作『アラジン』

 バーミンガム・ロイヤル・バレエとの兼任で、新国立劇場の次期芸術監督に決定しているディヴィッド・ビントレーの新作『アラジン』が世界初演された。『アラビアンナイト』の「アラジンと魔法のランプ」に基づく・・・
[2008.12.10]

愛と死を駆け抜けた、ドゥアトの『ロミオとジュリエット』

  ドゥアトのダンスは、音楽にぴったりと寄り添い、時には曲をリードするかのようにさえ感じられるほどよどみない流れを創る。・・・
[2008.12.10]

スターダンサーズ・バレエ団の『セレナーデ』『リラの園』『火の鳥』

 スターダンサーズ・バレエ団がバランシン/チャイコフスキーの『セレナーデ』、チューダー/ショーソンの『リラの園』、遠藤康行/ストラヴィンスキーの『・・・
[2008.12.10]

バレエ協会主催バレエ・フェスティバルのキミホ、岩上、松崎の三作品

 第47回目を迎えたバレエ協会主催のバレエ・フェスティバルでは、キミホ・ハルバート振付の『MIDSUMMER NIGHT'S DREAM』、岩上純・・・
[2008.12.10]

「古楽とストラヴィンスキー」木佐貫邦子と平山素子のダンス

  新国立劇場のダンステアトロンNo.16は「古楽とストラヴィンスキー」と題して、木佐貫邦子と平山素子のダンス・・・
[2008.12.10]

mami dance space 『Tableau '08』

 北村真実のmami dance space が 『Tableau '08』を「4枚の絵画」とサブタイトルを付して上演した。会場は東京デザインセンターのガレリア・ホール。・・・
[2008.12.10]

本間祥公舞踊生活45周年公演で『ヒマラヤの狐』他を上演

 藤井公・利子夫妻に師事し、現在は松戸を拠点として活動している本間祥公が、舞踊生活の45周年を記した公演を開催した。 第1部は、チャイコフスキーの『く・・・
[2008.12.10]

東京バレエ団『くるみ割り人形』

 ベジャールの追悼特別公演シリーズ第3回の演目は、ビムと呼ばれた自身の少年時代を回想した『くるみ割り人形』。チャイコフスキーの音楽を用いて いるが、描かれるのは、「大きく・・・
[2008.12.10]

シュツットガルト・バレエ団『眠れる森の美女』

 シュツットガルト・バレエが3年振りに来日し、クランコの名作『オネーギン』と、カラボスの解釈が独創的なハイデ版『眠れる森の美女』を上演した。このうち、ハイデによる初の振付・・・
[2008.12.10]