ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2013年04月

衣裳、装置、演出、そして音楽と振付が見事に調和して、素敵な「シンデレラ」が誕生した

K-BALLET CAMPANYの『シンデレラ』は、熊川哲也のオーチャードホール芸術監督就任を記して、昨年2月に世界初演された。熊川にとっては9作目にあたるグランド・バレエの演出・振付作品である。 こ・・・
[2013.04.10]

傑作の上演でベジャールの普遍性を改めて確認し、ユーモラスなジル振付作品も堪能

バレエに革命をもたらした振付家、モーリス・ベジャールが没して丸5年が経った。だが創設者を亡くしても、師の芸術を受け継ぐジル・ロマン芸術監督の下、モーリス・ベジャール・バレエ団は健在だった。ベジャールの・・・
[2013.04.10]

原典を尊重した優美な振付によるクラシック・バレエ、牧バレヱ『眠れる森の美女』

牧阿佐美バレヱ団の『眠れる森の美女』はテリー・ウエストモーランド版をレパートリーとしている。このバレエは、フランス ルイ14世時代の宮廷文化を背景に、善と悪、光と闇、生と死の対立を、シャルル・ペローの・・・
[2013.04.10]

音楽性豊かなバレエを一流のダンサーが踊った「NHK バレエの饗宴 2013」

NHKとNHKプロモーションが昨年に続いて「バレエの饗宴2013」を開催した。全体の趣旨は特に述べられてはいないが、プログラムを見ると音楽的主題のクラシック・バレエもひとつの主題とされているようだ。 ・・・
[2013.04.10]

白鳥の女王としての気品ある踊りを見せたエフセーワ、バレエ協会『白鳥の湖』

日本バレエ協会が2013都民芸術フェスティバル参加公演として、アレクサンドル・ゴルスキー版『白鳥の湖』を上演した。バレエ協会はかつて、小牧正英、島田廣、コンスタンチン・セルゲイエフ、ナターリヤ・ドゥジ・・・
[2013.04.10]

クラシッカルな感覚とコンポラリーのセンスが素敵なバランスをみせた、IBC主宰「Gala 2013」

昨年設立し、12月には旗揚げ公演の『ジゼル』を上演したIwaki Ballet Company。今年は「Ballet Gala 2013」を企画上演した。ガラ公演らしく多彩なダンサーが集い興味深い作品・・・
[2013.04.10]

勅使川原三郎がシュルツに触発されて創った、独特の"春"を表わす存在感

あれっ? いつもとなんだか雰囲気が違う。 ―ブルーノ・シュルツの短編『春』の一節が読み上げられ、まるで曙の空にかかる月のように、白い衣裳をまとい登場した佐東利穂子の隣でぎこちない動きを繰り広げはじめた・・・
[2013.04.10]

日本のコンテンポラリー・ダンスに可能性を感じさせてくるダンス

中村恩恵は2007年にヨーロッパから日本に活動の拠点を移し、多くの振付作品を発表している。さすがにキリアンなど優れてアーティステイックな舞踊家とともに仕事をしてきたからだろうか、彼女の踊りに現れる身体・・・
[2013.04.10]