ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2013年03月

クリメントヴァとムンタギロフが息の合ったパートナー・シップをみせた『ジゼル』

新国立劇場バレエ団がレパートリーとしている『ジゼル』は、コンスタンチン・セルゲイエフ版。オーソドックスな演出・振付であり、ロマンティック・バレエらしい雰囲気のあるヴァージョンである。 今回は長田佳世、・・・
[2013.03.11]

ディアギレフのバレエ・リュスが甦るフォーキンの4作品をNBAバレエ団が上演

NBAバレエ団の「ディアギレフの夕べ」を観た。『ル・カルナヴァル』『ポロヴェツ人の踊り』オペラ「イーゴリ公」より、『ショピニアーナ』『クレオパトラ』というプログラムだったが、いずれもミハイル・フォーキ・・・
[2013.03.11]

首藤康之が兵士を見事に演じ小尻健太の悪魔が躍動した、中村恩恵振付『兵士の物語』

ART DANCE KANAGAWAの9回目は、中村恩恵が振付けたイーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の『兵士の物語』。この作品はストラヴィンスキーがロシア革命によって領地を失い、経済的苦境に陥った第1次・・・
[2013.03.11]

ナイフによって愛の情念の極北を描いたスペイン舞踊劇の傑作『メディア』

スペイン国立バレエ団が6年ぶりに来日した。 芸術監督は2011年に35歳の若さで就任したアントニオ・ナハーロ。今回がスペイン国立バレエ団芸術監督としては初来日公演となる。97年から5年間このカンパニー・・・
[2013.03.11]

著しい進境を見せた笠井端丈が上村なおかと踊った『海とクジラ』

このところ充実した活躍が目立つダンサー・振付家の笠井端丈が、実生活のパートナーでもある上村なおかと組み、異色の作曲家・ピアニスト、高橋悠治を迎えて、70分の新作『海とクジラ』を発表した。二人にとっては・・・
[2013.03.11]

獅子を踊る森山開次と能管と和太鼓が共鳴して神秘的な浄土のイメージが浮き立った

セルリアンタワー能楽堂の「伝統と創造シリーズ」のVol.5は、能『石橋』に触発された森山開次が『Shakkyou』を振付け、踊った。 2011年に能楽師津村禮次郎の協力を得て新作の準備していた森山開次・・・
[2013.03.11]