ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2013年11月

天才、バランシンの大寺院の建築にも似た独創的で変幻自在の動きのフォーメーション

2013年のニューヨーク・シティ・バレエ団の来日公演は、2000年以来4回目となる。初来日は1958年であり、当時はもちろんバランシン、ロビンズ、リンカーン・カースティンは健在だったし、マーティンスは・・・
[2013.11.11]

どこまでも優しく真摯なアルブレヒトを演じたホールバーグ、東京バレエ団『ジゼル』

東京バレエ団が繰り返し上演しているロマンティック・バレエの名作『ジゼル』(ラヴロフスキー版)。今回の話題は、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)とボリショイ・バレエという米露の名門バレエ団でプリンシ・・・
[2013.11.11]

ヴェルディ曲、プリセツキー、牧阿佐美 演出・振付『椿姫』の格調高い優れた舞台

牧阿佐美バレヱ団が『椿姫』全2幕を上演した。 バレエ『椿姫』は、去る10月10日ガルニエ宮でアデュー公演を行ったパリ・オペラ座のアニエス・ルテステュがエトワールとして踊る最後の演目に選び注目を集めた。・・・
[2013.11.11]

"運命の女"下村由理恵に捧げられた篠原聖一のバレエ

下村由理恵はなんて幸せなダンサーなのだろう。つくづく、そう感じた公演だった。振付家の篠原聖一が「生きるとは」をテーマに据えたバレエ・リサイタル“DANCE for Life”の・・・
[2013.11.11]

ル・コルビュジエの理想をダンスで伝えた『小さな家』

新国立劇場の2013/14シーズンのダンスのオープニングを飾ったのは、中村恩恵×首藤康之による新作『小さな家 UNE PETITE MAISON』の初演と、同劇場で2011年に初演して高い・・・
[2013.11.11]

ロルカの詩の尽きることのない深い悲しみを踊った、石井智子スペイン舞踊団

石井智子スペイン舞踊団公演「ロルカーロマンセロ ヒターノ イ ジャント」。フェデリコ・ガルシア・ロルカの詩をモティーフにした舞台だ。ゲストにバイレのエル・フンコ、カンテにファン・ホセ・アマドールとヘス・・・
[2013.11.11]

ヴァラエティ豊かな女性パワーの凄まじさ、森下×束芋のコラボレーション

コンテンポラリー・ダンスの森下真樹が振付け、現代美術家の束芋が美術を担当し、きたまり、川村美紀子、森下真樹が踊った『錆からでた実』をみた。生年月日、血液型、出生地が同じという森下真樹と束芋が構想を創っ・・・
[2013.11.11]