ワールドレポート ~世界のダンス最前線~

From Tokyo <東京>: 月別アーカイブ

From Tokyo <東京>

2006年09月

K-BALLETの『ラプソディ』『セレナーデ』『若者と死』

 吉田都の移籍が決り、ますます発展する熊川哲也が率いるK-BALLET COMPANYの「サマー・トリプル・ビル」公演が行われた。<20世紀三大振付家、夢のプログラム>と謳われた演目は、フレデリック・・・・
[2006.09.10]

哀しきゴシック・ロマン『エドワード・シザーハンズ』

 天才発明家によって造られたのだが、未完成のままこの世に存在してしまった少年。ハサミを手にもつ孤独なエドワードのゴシック風に塗りこめられた物語である。空気のように誰にでも備わっている手が、もしも鋭いハ・・・
[2006.09.10]

スターダンサーズ・バレエ団のピーター・ライト版『くるみ割り人形』

 ピーター・ライトの演出・振付はじつにシンプル。理屈っぽさをまったく感じさせない、ごく自然な展開で物語を進めている。クララがクリスマス・イブに見た夢を描いている。クララの母は元バレリーナで、彼女も将来・・・
[2006.09.10]

服部有吉と首藤康之のパートナーシップ・プロジェクト「hs06」

 国民栄誉賞受賞者、故服部良一の孫で、ノイマイヤー率いるハンブルク・バレエ団のソリスト、振付家の服部有吉 と、ベジャールやキリアン、ノイマイヤー、マシュー・ボーンなど巨匠振付家作品を踊ってきた国際的ダ・・・
[2006.09.10]

後藤早知子の "Sachiko"

 後藤早知子が初舞台から50年目を記して、”Sachiko”を上演した。Sachikoが愛したダンス、音楽そして出会った人々への愛のThanks、という言葉がタイトルに添えられ・・・
[2006.09.10]

岡本佳津子によるバレエ小劇場

 坂本登喜彦、堀登、篠原聖一という「振付家として今後を担っていくであろう三人」を招いて、岡本佳津子によるバレエ小劇場が開催された。まずはご本人、岡本佳津子の振付による「オープニング」。モーツァルトの有・・・
[2006.09.10]

金井芙三枝リサイタル No.28 ---Final ---

 第1回のリサイタルは1962年。それからおよそ50年、未だ見事な舞台姿の金井芙三枝だが、今回の公演によってファイナルとするそうだ。『未亡人~チェホフ「熊」より~』(台本・演出/金井芙三枝、演出・振付・・・
[2006.09.10]

東京小牧バレエ団の『ペトルーシュカ』『薔薇の精』『白鳥の湖』

 東京小牧バレエ団が創立60周年記念公演として、ストラヴィンスキー『ペトルーシュカ』、ウェーバー『薔薇の精』、チャイコフスキー『白鳥の湖』第2幕を上演した。どの作品も、世界大戦前の上海のフランス租界の・・・
[2006.09.10]

韓国ユニバーサル・バレエ団による『沈清(シム・チョン)』

  韓国のユニバーサル・バレエ団が3年ぶり13回目の来日公演を行った。キーロフ・バレエ団で22年間芸術監督だったオレグ・ビノグラドフが、1998年以 来ユニバーサル・バレエ団の芸術監督を務めている。団・・・
[2006.09.10]

第11回世界バレエフェスティバル

 3年に一度の華麗なバレエの祭典。卓越したテクニックと表現力は必須で、その上に華やぎや際立った個性も求められるから、ダンサーは大変だ。今回は名門 バレエ団のスターを始め、キューバやカナダ、米国・コロラ・・・
[2006.09.10]