インタビュー&レポート

インタビュー: 最新の記事

インタビュー: 月別アーカイブ

(インタビュー/浦野芳子)
[2012.02.27]

ニューヨークを拠点に活躍する日本人ダンサー、TAKAHIRO=インタビュー

ラスタを普通のバレエダンサーだと思っちゃ、ダメです。

1202TAKAHIRO.jpg

09年、マドンナのワールド・ツアーに参加し一躍注目を浴びたあの人、と言えばダンスをあまり知らなくてもピンと来る人は多いはずだ。TAKAHIROは独自のダンススタイルで、ニューヨークを拠点に活躍する日本人ダンサー。その彼が、07年に服部有吉氏の『ラプソディ・イン・ブルー』に出演して以来、親交を深めているのがラスタ・トーマスだ。今回、ラスタが率いる『BAD GIRLS meets BAD BOYS』にも出演及び振付で参加するTAKAHIRO。彼だから知っているラスタ・トーマス像、そして自身のダンス観について、伺った。

―ラスタはこう言ってました。「TAKAHIROは友人としても素晴らしいけれどそれ以上に、ダンサーとしてすごい才能を持っている。あるとき、“こんなオーディションがあるから受けてみたら?”って連絡したら、気が付いたときは舞台の上でライトを浴びていたんだから」って。

TAKAHIRO(以下、T)
 マドンナのワールドツアー・ダンサーのオーディションの時の話ですね。ラスタからある朝、連絡があったんです。「アジア人で、びっくりさせるテクニックを持っているダンサーを探しているオーディションがあるよ」って。自分はバックダンサーを目指したり、仕事としてやったことはなかったんですが、直感でこれはやってみたい! と直感で受けたんです。

―じゃあ、ラスタが教えてくれなかったらその経験は得られなかった。そういう意味でも、大切な友人ですね。親しくなったのは、07年の『ラプソディ・イン・ブルー』の舞台を通してだと伺いましたが。


T  そうです。あのときのリハーサルは今でも強烈に僕の胸に残っています。ニューヨークから日本に来て、リハーサルをしている体育館についたら、目の前でいきなり“超絶技巧”が繰り広げられていた…。

―ラスタが、跳んだり回ったりしていた?

T もちろん跳んだり回ったり、バレエのそういうテクニックは見たことがあるし知ってはいたのですが、あんなにパワフルなバレエスキルを間近に見たことが無かったんです。一言で表現すると “雄々しい”。攻めに攻めてくるんです。これは衝撃的な体験で、とにかく圧倒されました。

―その超絶技巧の持ち主とこれから一緒に舞台を創っていくのだ、と思うのはどんな感じでしたか。

T まず、改めてバレエダンサーの身体能力のすごさを再認識し、同じ舞台人としてこういう才能の持ち主と一緒にものを創っていくのはワクワクするなあ、と思ったものです。
とくに、あの舞台は優れた個性の集まりでもありましたから。弾けるようなエネルギーを持った服部さん、エレガントで美しいラインを持った大貫さんと横関さん、ヌメヌメヌルヌル水のようでありながらワイルドな辻本さん、そして風格がありダイナミックなラスタ。その誰もが互いにリスペクトし合い、ディスカッションを重ねながら舞台を創り上げていった。そうした濃密な時間を過ごしたのであのメンバーとはその後も連絡を取り合っています。
中でもラスタのことは、海外で仕事をしているときにもその活躍が耳に入ってくることがちょくちょくあり、海外ツアー中に “BAD BOYS” の公演ポスターを目にしたときなどは、ラスタ、すげぇーな、ってなんだか嬉しくなったりしていました。

―そのラスタから、今回は直々にこの公演についての相談を持ちかけられたのですよね。ダンサーとしてはもちろんですが、振付・構成にも参加されますね。

T
 嬉しかったですね、また、ラスタと一緒に舞台を創ることができるんですから。今回はどんな化学反応が起こるのか、今から楽しみで仕方ありません!

―もう、アイディアも準備されていると伺いましたが !

T
 細かい演出はまだこれから一緒に作っていくんですが、僕の役割はストーリーテラー。スト−リーテラーといっても語り部として言葉展開を説明するわけではありません。ダンスという言葉がなくても伝えられる身体表現で、観客の皆さんに舞台上で起っていることを伝える係というのでしょうか。
ラスタ率いる格好良い男性ダンサーたちと、湖月わたるさんや水夏希さんら素敵な女性ダンサーたちとの出会いのシーンをいかに魅力的かつ楽しく、そしてストーリーとしても見ているお客様たちにわかりやすくお伝えするかが、僕の大切な役割だと思っています。

―ラスタは厳しいリーダーですか。

T もの創りと言う意味で妥協をしない厳しさはあると思うけれど、決して高圧的だったりワンマンだったりということはありません。ぽかぽか温かくて、大きい、大人の少年、って感じでしょうか。まずは受け止める度量、ゆとりがあって、でも自分の好き嫌いもしっかり持っている。子供みたいなセンサーがあって好きなことにとことんのめり込んでいるかと思えば、自分の全く知らない世界のことにも心を開く準備がある。彼をただのバレエダンサーだと思っちゃ、ダメです。ある意味 “異種格闘技” みたいな今回の舞台だって、ラスタの手にかかったらありきたりな枠にははまらないんじゃないかな。だって、趣味でテコンドー極めたりもしている人ですから。

―ところで、TAKAHIROさん自身は独学でダンスを始めたのですよね。

T はい。高校時代までなにも得意なことが無かったんです。勉強もスポーツも “中の下”。そんなときダンスのコンテスト番組で、同世代の人がかっこよく踊っているのを見て、こんな風になりたいと…なぜだかわからないんですが、この世界だったら、僕の方が面白いものを創れるんじゃないか、って思ったんです。

―“創れる”って思ったんですね? 踊れる、じゃなくて。


T 今になって思うんですけれど、“自分が踊ってみて楽しい” ダンスはたくさんあるけれど、“見て楽しい” は少ない。僕の場合、踊りに向かう原動力となったものは、最初は自分の内面、自己に向かい合う楽しさだったんですが、やがて自分の中から何か作り出し、それを誰かに見せて楽しんでもらうということが、何より楽しくなったんです。

―一般にダンスを始めるというと、まず、特定のジャンルのステップを学ぶことから始めますよね。でもそれはしなかったのですか。

T ひたすら、好きな音楽に合わせて思ったように体を動かしていました。だから使っていた音楽のジャンルも童謡からドラマの主題歌、ビーチボーイズ、ヒップホップまでメチャクチャ。音がそんな風ですから、身体の動きも多彩。そうしているうちに相方ができ、仲間からステップを教わったり、先輩からヒップホップの音の取り方を教えてもらったり。大学に通っていた頃にはクラブのダンスイベントに参加したりして、そこでずいぶんウケていました。

―それで、ニューヨークへ渡ったのですか。

T いいえ。まずは資金繰りのために就職しました。

―えっ、就職 !? (スタッフ一同びっくり)


T  PR会社です。楽しかった! お金を貰いながら、いろいろなことを教えていただけるなんてすごいことですよね。一年で100万円くらい貯めて、それを元手にニューヨークへ行きました。会社には面接試験の時点で「一年後にはアポロシアターのオーディションを受けたい」と明言していて、それを面白がって採用して頂いたようなところもありましたから、円満退社でした。しかも、PR会社に在籍した経験は今、自分をアピールするのにとても役立っています。

―渡米後の活躍はスゴイですよね、あのアポロシアターのエンターテイメントコンテスト『アマチュアナイト』で、年間ランキングダンス部門1位を獲得するんですから。


T  確かにその後、チャンスはたくさんいただきました。しかし、それらも僕にとっては新しい挑戦だったんです。は、身の丈を超えたものだったんです。どういうことかというと、仕事をオファーする方は、相手がチャンピオンなんだから一通りのことはできると思っているでしょう?  でも僕のスタイルはまったくのオリジナルだったので、普通の人が習う基礎は未経験だった。振付師から口頭で振付を渡されても、ステップが入らないんです。ほかのダンサーが10反応できるところ、2しか動けない。途中で「帰っていいよ」ってことが、何度もありました。さすがに勉強が必要だと思い、それから3年間ヒップホップを主軸に、バレエ、コンテンポラリー、モダン、ヨガを勉強しました。
個性、つまりスペシャルは必要です。でもプロであるためには、そのスペシャルを支える基礎、基盤が無いと通用しないのだということを、このとき痛感しましたね。

―では、ラスタに出会ったころと言うのは、その3年間の終わりごろ?


T 『ラプソディ・イン・ブルー』のときはもうさまざまなクラスで勉強していましたから、もう縮こまることもありませんでした。むしろ、自分にしかないスタイルとバレエを出会わせることで、観客を驚かせたり楽しませたりしてやろうと、僕自身の中で楽しい朝鮮として参加できたんじゃないかと思います。

―今でもやはり、“創ること” が好きですか。


T  もちろん。創ることは大好きです。『BAD GIRLS meets BAD BOYS』でも出来るだけ僕らいいアイディアを提案していきたいです。

―今日のその服装は、もしや…。

T そうです、なんとなくルイジ・ルキーニみたいでしょ(笑)エリザベートに登場するストーリーテラー役をイメージしたタキシードスタイル! 今年上半期の僕の制服ですね。

1202RASTA&TAKAHIRO.jpg

(プロフィール)
TAKAHIRO (上野隆博) ダンサー/振付師

05年、HIPHOPの殿堂「NYアポロシアター」のエンタテイメントコンテスト「アマチュアナイト」に出場し、年間ランキングダンス部門1位に。06年、全米放送NBC局TVコンテスト「Show time at the APOLO」に出場、番組史上最高の9大会連続優勝の新記録を打ち手グランドチャンピオンとなり、米国プロデビューを果たす。07年日本にて「ラプソディ・イン・ブルー」で服部有吉らと共演、世界陸上大阪大会開会式オープニングアクトを振付。08年には小池修一郎演出ミュージカル「トライアンフオブラブ」を振付。09年にはマドンナのワールドツアー「STIKY&SWEEY TOUR」とPVにも出演、さらにはマドンナベストアルバムの日本プロモーションを演出。10年には「SIX DOORS」11年には「electric city」というNYダンサーを率いたダンス公演を日本で成功させる。07年、Newsweek japan「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。
HP http://www.takahirony.com/

「BADGIRLS meets BADBOYS」
ラスタ・トーマス率いるBAD BOYS初来日に際し、湖月わたる・水夏希・原田薫・矢野祐子ほかがユニット結成。TAKAHIROがストーリーテラーで出演する。
公演の詳細は http://www.umegei.com/system/schedules/index/2012-07