令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

インタビュー & コラム

2017年12月

2017年12月の記事一覧

映画公開直前インタビュー『ダンシング・ベートーヴェン』のアランチャ・アギーレ監督

----アランチャ監督は、10代の頃にベジャール作品をご覧になって強く印象に残った、とおっしゃっていますが、その時の作品は何でしょうか。アランチャ 『春の祭典』です。それからベジャールがブリュッセルに設立した舞踊学校のムードラに1984年に入り、1年間在学しました。――それは私がベジャール作品に感銘を受けて、ダンスマガジンを創刊した年です。アランチャ おお、そうですか。----当時、ムードラではマ

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2017/12/19掲載

今回は世界から、日本から、芸術に関する話題について触れたいと思います。

ベルリンの街には3つのオペラハウスがあり、財政的に継続していくのは大変厳しいですが、それでも芸術に対しての予算は日本とかなりの差があります。 日本の文化予算は国と地方自治体を合わせて、約3000億円(建設費を除いて)。ドイツは1兆3000億円です。人口比は日独で3対2なので、一人当たりの文化予算は7倍位になります。ダンスのグループもベルリン国立バレエ団をはじめ、小さな団体が多数ありプロジェクトごと

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2017/12/11掲載

Merry Christmas from New York!!

11月の末は、感謝祭で夫の実家ウエストバージニアに帰省しています。 カントリーロード♪という歌で有名な州です。山が多く昔は炭鉱が盛んでしたが今は別荘地、鹿狩りでも有名です。少しアメリカの田舎について書きますね。 ほとんどの家は、隣同士が離れています。場所によっては、お隣の家は車で数十分先です! まずは、夫の親友の一人のお家にお邪魔して2日間過ごしました。(山の中にあって、山も敷地です) 3歳の男の

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2017/12/11掲載

『新世紀、パリ・オペラ座』の日本公開に当たって:ステファン・リスナー総裁が<オペラ座の現在>を語った

映画『新世紀、パリ・オペラ座』が12月9日に公開されるのに際して、パリ・オペラ座総裁のステファン・リスナーに、<オペラ座の現在>について語っていただいた。後半には、Dance Cubeからの質問にも答えていただいている。(c) Elisa Haberer - Opéra national de Paris----完成した映画『新世紀、パリ・オペラ座』をご覧になった感想をお聞かせください。リスナー 

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2017/12/04掲載

ページの先頭へ戻る