令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

インタビュー & コラム

2013年2月

2013年2月の記事一覧

2月、ベルリンはいろいろなことがあり、なんとなく慌しく日が過ぎていきます。

ベルリン国立バレエ団は、2014年夏から少し変化がありそうです。 ですが、私たちは日々、いつも通り活動しています。 様子を見ながら一丸となって良い公演をお見せできるように頑張って行きたいと思っています。 今回少し、ベルリンでの出来事ではないのですが、人生でもうこんな経験は出来ないと思うくらい、限界にチャレンジした経験をお伝えしたいと思います。 ウクライナのドネツク・バレエ団、ソロヴャネンコ記念ド

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2013/02/12掲載

ピッツバーグ大学の演劇科のミュージカル公演『ZANNA DON'T』の振付を担当しています。

初のミュージカル振付です!もちろん、私です、最初にお話があった時は「NO!」と答えました。全幕振付などの経験がないので。:) でも、再度オファーがあり、友人達も「MAMIなら今までの経験を使って出来る!もし、振付に困ったら、今まで踊ったのを使えば良い!」と‥・そんなことして良いの? と思ったけど、まー、どんな振付家にも最初があり、行動に起こさなかったらいつまでも経験出来ないな‥・と思い、お受けしま

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2013/02/12掲載

新国立劇場バレエ『ジゼル』でアルベルトを踊る、ワディム・ムンタギロフ=インタビュー

昨年12月12日、バレエ団のロンドン公演初日終演後、新芸術監督のタマラ・ロホが英国のバレエ関係者やファン、家族客で満員のコロシアム劇場の舞台に登場した。そしてその場で入団4年目、22歳のバレエ団期待のホープ、ヴァディム・ムンタギロフがバレエ団最高位のシニア・プリンシパルに昇進したことを発表。 昨年は「コジョカル・ドリーム・プロジェクト」に参加し日本で踊った他、ABTのゲスト・プリンシパルとしてデビ

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2013/02/06掲載

新国立劇場バレエ『ジゼル』公演でジゼルを踊る、ダリア・クリメントヴァ=インタビュー

踊ることに人生を捧げ、結婚しても子供を持たない女性が多いバレエ界にあって「バレリーナとしてのキャリア」「素晴しいダンス・パートナー」と共に「幸せな家庭(母・夫・娘)」にも恵まれ、その上さらに「写真家としてのキャリア」や、毎年故郷プラハで開催するバレエ・マスタークラスの主催者として「成功したビジネス・ウーマン」の側面も持つクリメントヴァ。女性に幸せを運ぶすべての要素を持った彼女を羨望のまなざしで見つ

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2013/02/06掲載

ページの先頭へ戻る