令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

インタビュー & コラム

2012年3月

2012年3月の記事一覧

2月中旬まではマイナス15度以下の日が続きましたが...

2月中旬まではマイナス15度以下の日が続きましたが、末から3月にかけて氷点下ではなくなり、太陽も出て温かく感じるようになりました。 震災から1年。 1年たった今も、不自由な生活を送ってる方々の力になれることがあれば、また自分のできる範囲のことで日本のために行動していきたい気持ちで一杯です。 2月9、12、17日 9日『ロミオとジュリエット』が無事初演を迎えました。12、17日は初日と同じキャスト

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2012/03/12掲載

今年のローザンヌ・コンクールは、日本の方が優勝されましたね。

素晴らしい、うれしいニュースです! 菅井円加さんは、決して典型的なバレリーナの針金の様な細いボディではなく、しっかりしていて、そのボディから出る魅力とテクニック、表現で、役を演じていましたね。コンテンポラリーも、重心が低く、重く、まったくバレエと違う動きを見事に踊られました。 おめでとうございます! さて私は、NEW YORKにミュージカルプログラム「THE BROADWAY EXPERIENC

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2012/03/12掲載

小池ミモザ=インタビュー

いま、私にできること。 それは、踊りを通して、希望を感じてもらうこと。 ~3.11追悼セレモニーでの作品上演に寄せて。 3・11を境に、自分にとって本当に大切なものとは何だろうと、多くの日本人が自らに問いかけるようになさったのではないだろうか。 小池ミモザさんも、そのひとり。遠いモナコから、日本を見つめ、何もできない自分に苦悩した日々が、ある想いを強くした。 折しも、一年後のこの日に来日公演の千

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2012/03/06掲載

踊っている時こそが、人生の光の時間-----東山義久が語るニジンスキー

東山義久は今年、主宰するEntertainment Unit "DIAMOND☆DOGS" が結成10年目を迎える。天才バレエダンサーの生涯を描いたダンス・アクト『ニジンスキー』は、大きな節目の一年にふさわしい舞台となりそうだ。その公演から一か月後には10周年記念公演として『DIAMOND☆DOGS memorial 10 TEN STEPS』が控えている。『ニジンスキー』の舞台稽古がまさに今から

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2012/03/06掲載

ページの先頭へ戻る