インタビュー & コラム

2017年11月

2017年11月の記事一覧

今月はモスクワ便りをお届けいたします。

10月20日私が1996年に入団したバレエ団、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場の『ジゼル』を見ました。 私にとって初めてプロとして活動を始めたバレエ団です。 劇場を数年前に改装工事をして新しく生まれ変わった新劇場で初めて舞台を見ました。 劇場や客席の作りは以前の趣きが残っていましたが、ロビーが大きく変化しており、従来のフォワイエの他に、大きく筒抜けたホールのよ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2017/11/10掲載

マシュー・ボーンの『Red Shoes (赤い靴)』の前座公演がロサンゼルス、ワシントン、ノースカロライナ州のシャーローットで大成功のうちに終わりました!

残すはニューヨークです!ロサンゼルスは、ダンススタジオの生徒さんたちだったので、かなりダンスのレベルが高くとても良いパフォーマンスでした! マシューも大満足で私とアランに何度も「素晴らしかった。ありがとう」と言ってくれました。 マシューが言うには、イギリスでもダンスは良くても演技が継続しなかったり、時々表情が無くなったりするけれど、今回は表情もあり良かったそうです。 私とアランは、マシューより厳し

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2017/11/10掲載

バレエの栄光の歴史がきらめく 「薄井憲二バレエ・コレクション」の逸品を訪ねて その7

<白鳥の湖 3 >2回にわたって、薄井憲二バレエ・コレクションから『白鳥の湖』にちなむ品々を紹介してきたが、今回が『白鳥の湖』の最終回。20世紀後半に活躍したスターたちの写真と、切手、プログラムなどを取り上げる。1.20世紀後半のスターたち「黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ」を踊るアリシア・アロンソ(1921-)とイーゴリ・ユスケーヴィチ(1912-1994)アロンソはキューバの国民的大スターのバレリー

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム(その他)

2017/11/10掲載

ページの先頭へ戻る