令和元年台風 19 号により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

インタビュー & コラム

2016年11月

2016年11月の記事一覧

芸術の秋ですね! 皆さんは何を観に行かれますか?

私は、オフブロードウェイのお芝居『SENSE&SENSIBILITY』を観に行きました。 そして、トニー賞を取ったブロードウェイのお芝居「Humans」と評判の良いシルクドソレイユの『KURIOS』、そしてコンテンポラリー・ダンスのNDTカンパニーにミュージック・コンサート、なんと夫が好きということで見るようになったプロレスも見に行きます!! 以上見た作品の中から、今回はオフブロードウェイ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2016/11/10掲載

早くも2016年残す所2ヶ月となりました。

今回は東ヨーロッパ、ロシア中心にお届けします。10月中旬、キエフ国立バレエ学校にてウラジーミル・マラーホフ氏が2011年にベルリン国立バレエ団で初演した「ラ・ペリ」の振り付け指導をしました。 マラーホフ氏と6日間の滞在で2幕の場面を全て振り付けし、最終日には通し稽古ができる程集中した6日間でした。 作品は、女性20人の群舞、ソリスト女性4人、主役のペリ役の女性、合計25人の女性生徒が軽やかに華やか

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2016/11/10掲載

バレエの栄光の歴史がきらめく 「薄井憲二バレエ・コレクション」の逸品を訪ねて その1

コラム/バレエの栄光の歴史がきらめく「薄井憲二バレエ・コレクション」の逸品を訪ねて森 瑠依子阪急神戸線西宮北口駅から南にすぐの兵庫県立芸術文化センターの一室に、世界のバレエ史を彩ってきた貴重な品々が収蔵されている。この宝の山の名は「薄井憲二バレエ・コレクション」。日本バレエ協会前会長で、ダンサー、指導者、舞踊史研究者として世界に知られ、戦前より長年にわたって活躍しているバレエ界の重鎮、薄井憲二氏が

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム(その他)

2016/11/10掲載

ページの先頭へ戻る