ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

2015年になりました。新たな気持ちで新しい年を進んで行きたいと思います。

本年もどうぞよろしく申し上げます。

1501emi01.jpg Photo : Emi Hariyama(すべて)

12月はヨーロッパはベルリン、リガ、ストックホルム、キエフを何度も往復する月になりました。
まず、去年2014年12月11日から17日まで、Yダンスエンターテイメントスタジオの子供達15人を連れて、公演と研修旅行に行ってきました。
私が企画し、現地の招聘先とコラボレーションし、ラトビアの首都とスエーデンのストックホルムで素晴らしい経験をして来ました。
私は、12月8日までキエフに居ましたので、ベルリン宅に戻り、日本から来る皆とはヘルシンキで合流、そのままリガへと向かいました。
最年少9歳、最年長17歳という、本当にこれから夢が広がる子供達を連れて行くのは嬉しくもあり、また大変な責任も感じていました。

到着翌日12日は、朝からフル活動。
まず、朝からラトビア国立バレエ学校の先生が、皆のためにワークショップをして下さり基礎をしっかりと、見本は本当に美しくそれは素晴らしいレッスンでした。
その後、すぐにステージリハーサル、メイクをしてそのまま本番。子供達は時差をもろともせず堂々と踊りきりました。
その日は、スリランカのグループとの共演で、日本グループは初日の一番目の出演、フェスティバルの幕を開けました。

1501emi04.jpg 1501emi10.jpg

13日は大型客船イザベル号にてリガからストックホルムへ。
船内で子供達は本番。
船のエンターテイメント小劇場は、照明やDJの設備が素晴らしく、まるで夜のディナーショーのような雰囲気に。子供達は揺れる船でも立派に踊りました。
船で一泊、フォアグラやイクラが並ぶ豪華なビュッフェ食べ放題での食事を楽しみました。でも、子供達はフォアグラよりフレンチフライやアイスクリームが嬉しかったようです。
ストックホルムに翌朝14日到着、日本語通訳付きでバス観光をしました。
旬な話題で、先日、日本人三名がノーベル賞を受賞しましたが、ノーベル博物館へを見学しました。クリスマスネオンが美しい街では、例のライトを使用したトナカイやツリーを見ることができました。
夕方また客船へ戻り、ストックホルムからリガへ。帰りの船内でも本番があり、客船のエンターテイメントとして乗客の皆様に作品を披露しました。

1501emi02.jpg 1501emi03.jpg

15日はリガに到着。
ホテルへ戻り、直ぐに国立バレエ学校でレッスンを見学させて頂きました。
13歳前後の4年生クラスのクラッシックとバリエーション授業、3年生の歴史風俗ダンス、最高学年のバリエーション授業を見学させて頂きました。
ロシアの香りが残るしっかりとしたワガノワメソッドのレッスンを見られた事は、子供達はもちろんの事、私自身も色々と再確認しました。

16日は国立バレエ団でレッスンとリハーサルを見学させて頂きました。
私はレッスンにも参加しましたが、テンポが良く体も徐々に無理なく出来て行く素晴らしいレッスンでした。
リハーサル見学は、「ロメオとジュリエット」ネオクラッシック版でしたが、私自身も感動する凄いエネルギー溢れるリハーサルでバレエ団のレベルの高さが伺えました。

1501emi05.jpg 1501emi06.jpg
1501emi08.jpg 1501emi09.jpg

17日は、リガ国際空港で皆とお別れし、フランクフルト経由でキエフへ再度。
ミュンヘンで行われるサンクトペテルブルグのバレエ団に、キエフ国立バレエ学校の生徒が30人程コールドバレエとして参加したのですが、私の推薦した日本の生徒も参加させていただく機会があり、キエフまで私自身がお連れしました。
キエフでマラーホフ振付の仮面舞踏会の作品指導として呼んで頂いていた側から、今回は生徒を案内すると言う責任を持っての旅行。
色々と少し不安も有りましたが、無事に現地に到着し、翌日は私も含め生徒もバレエ学校のレッスンを受けさせて頂き、私も受けながら見ることが出来ましたが、素晴らしい教師陣、そして基礎をしっかりしながらも高度なテクニックを要する難易度の高いレッスンでした。
「白鳥の湖」のリハーサルを見学、通訳し、懐かしい思いで日本へ帰国しました。
その後、生徒達は無事にミュンヘンでサンクトペテルブルグのバレエ団とキエフバレエ学校と共演するが出来、素晴らしい経験となりました。

12月20日には私の両親とのコラボ公演をさせて頂きました。
静岡県伊東市で、両親が演奏、私が踊り、最後には「瀕死の白鳥」をアンコールで踊りました。
照明も、構成も担当したのですが、到着が本番当日の本番ギリギリ、リハーサルも出来ないままでしたが、両親との共演は特別な思いでした。
助けて頂き、協力して頂いた皆様には感謝の気持ちで一杯です。

1501emi11.jpg

2015年1月初め、台北に行ってきました。
ベルリンバレエ団在籍中に、ツアーで初めて行ったのが一年半前の夏、今回は二回目でした。ベルリン国立バレエを呼んで下さった方々が、今回のワークショップを開催して下さいました。
ウラジーミル・マラーホフ氏が、台湾で初めてのワークショップと言う事で、拍手喝采で迎えられ見学者も多数。彼のユーモア混じり、しかし美しいお手本にも皆うっとり。楽しく素晴らしいレッスンで大盛況でした。

2015年も感謝の気持ちをいつも忘れず、一歩一歩前に進んで行きたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。