ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

6月は、ドイツと日本、ウクライナを往復しました。

1607emi_0589.jpg (C) Emi Hariyama(すべて)

6月11日、12日キエフ国立劇場にてキエフ国立バレエ学校の卒業公演が行われました。
今年の2月にウラジーミル・マラーホフ氏と振り付け演出を担当した「パキータ」も上演されました。
マラーホフ氏も訪れリハーサルを行い、生徒たちにとって素晴らしい機会となりました。
「パキータ」主役は、2日間異なったキャストで、初日11日の公演には、キエフ国立バレエ団のプリンシパルである、ニキータ・スホルコフがエトワールのパートナーとして特別出演し、キレの良い踊りを見せてくれました。
卒業公演は、卒業生が一人一人、パ・ド・ドゥやソロを踊る機会が与えられ、それぞれが自分の個性に合った踊りを披露し内容のある楽しめる公演でした。

そして、キエフ国立バレエ学校の年度末のテストも見学することができました。
見学した日は、6年生の女性2クラス、男性クラスの試験でした。6年生女性クラスのレベルが本当に高く、まるで最高学年8年生の卒業試験を見ているようでした。
その他、キエフバレエ団の「ラ・シルフィード」も見ました。この日は、昨年、キエフバレエ学校を卒業したばかりの1年目のダンサーが、ジェームス役でデビューしました。1年目でもこのような機会が与えられるのは素晴らしいことだと思います。

1607emi_0606.jpg
1607emi_0646.jpg
6月27日
ベルリンにて
「VIELFÄLTIGKEIT. FORMEN VON STILLE UND LEERE」の公演を、《振付:NACHO DUATO 音楽:JOHANN SEBASTIAN BACH》、6月29日は同じくベルリン国立バレエ団の「眠れる森の美女」をみました。

「眠れる森の美女」は、ミハイロフスキー劇場で初演され上演されている作品で、同じものをベルリンで上演しています。
来シーズン、ベルリンでは、ナチョ・ドゥアトの「くるみ割り人形」も上演されることになっていますが、こちらもミハイロフスキー劇場で初演されているものです。
来シーズンは、ベルリン国立バレエ団の100回ほどの公演の中の70回以上がナチョ・ドゥアトの作品となってしまい、彼の作品一色の色が強くなってきました。

「眠れる森の美女」のキャスト
オーロラ :ヤナ・サレンコ
デジレ  :ジーヌ ・タマズラカル
主演のヤナは相変わらず、何でもこなし洗練されたオーロラで本当に素晴らしかったです。
この作品の衣装は豪華ですが、セットはシンプルで振り付けは賛否両論で好き嫌いには好みがありますが、ダンサーは素晴らしかったです。

1607emi_0036.jpg ベルリン 1607emi_0015.jpg ヤナとジーヌ

7月は、アメリカに来ています。
ボストン近郊のバレエ学校のサマーインテンシブにきていますが、ボストンは私も2年間住んだ街。ヨーロッパの雰囲気が漂う素敵な街で私も大好きです。そこで2週間あまり、朝9時から夜6時までバレエ漬けの毎日。
日本からも、本当に若い小さなバレリーナから高校生までのバレリーナが毎日参加しています。
生き生きと1日中踊っている姿を見ると、こちらもエネルギーを頂いています。
クラッシック、レパートリー、ジャズ、手芸、などダンスに必要な全てを学べる素晴らしい機会です。このコラムがアップされる頃には、ボストンから貸切バスでニューヨークに行き、本場のブロードウェイでミュージカル「オペラ座の怪人」を全員で見る予定です。
初日は、ほとんど一言もしゃべれなかった子供たちが、数日で、ジェスチャーや片言英語で何とかして話そうとコミュニケーションをとっている姿を見ていると、これが本当の留学経験だな、と嬉しくなります。
あと数日間、いろいろなことを吸収して帰ってほしいと思います。

1607emi_0121.jpg 1607emi_0125.jpg 1607emi_0142.jpg

この後、夏はロシア、日本、アメリカからレポートさせていただきます。