ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

2014年も後少しとなりました。

今年前半は、ベルリン国立バレエ団として半年、そして後半は人生二度目、プロジェクトごとに仕事をさせていただいた変化のある年でした。
矢の如く過ぎた一年でしたが、今後も色々とチャレンジしていきたいと思います。

11月から12月にかけて、ヨーロッパと日本を3往復しました。
ベルリンは常に家に帰ってきた気持ちになりますが最近は、日本へ行ってもアメリカに行っても何処へ行っても家に居るような気持ちになります。
ベルリンは、去年初演したユーリ・ブルラカ版の「くるみ割り人形」を上演中でした。
私が去年の夏にお世話をし、ベルリン国立バレエ学校で頑張っている留学生の子達も「くるみ割り人形」の舞台に出ることが出来、私にとっても嬉しい舞台でした。
街には例年の如く、楽しく暖かい雰囲気のクリスマスマーケットが並び、寒い夜でも暖かいワインを楽しむ人々で賑わっていました。

1412emi07.jpg (C)Emi Hariyama

2014年12月7日は、キエフシェフチェンコ国立オペラ劇場にて、キエフ国立バレエ学校の学校公演が行われました。
今回は、ウラジーミル・マラーホフがウィーン国立劇場にて初演した全幕作品「仮面舞踏会」から、四季の部分を抜粋でキエフバレエ学校が上演するという素晴らしい日になりました。
ウィーン国立劇場バレエの他、ベルリン国立バレエ団、東京バレエ団でも上演された作品ですが、ウクライナではもちろんの事、東欧では世界初演となりました。
この作品をキエフで上演するにあたり、色々な出会いやタイミングが事を運び、今一番大変な時期にあるウクライナでの上演が可能になりました。
そして、ウクライナでバレリーナを夢見る子供達に少しでも笑顔を与えたい、そんな願いも込められた公演でした。
ウクライナ出身のウラジーミル・マラーホフは、どこに行っても引っ張りだこで、この公演の為に訪れた3日間の間にも、ラジオの生中継やテレビへのインタビューなど大忙し。テレビは来月放送になるそうですが、ラジオ生中継では御自身の事から、今のバレエ界、キエフバレエ学校の事など、色々な方面において本当に素晴らしい事をおっしゃっていました。
公演には、ウクライナ文化大臣夫人はじめ日本大使、各国の大使関係者の姿を見せ、華々しい一日となりました。
公演は二部構成。

プログラム
一部
「ファンタジア、ワルツ」
「パリの炎」より
「ラ・バヤデール」よりガムザッティのパ・ド・アクシオン
「ウクライナ民族舞踊」
「パキータ」より女性バリエーション
「サタネラ」より女性バリエーション
「剣の舞」
「ドン・キホーテ」よりグランパドドウ

二部
「仮面舞踏会」より
振付   ウラジーミル・マラーホフ
音楽   ジョゼッペ・ヴェルディ

1412emi01.jpg 1412emi02.jpg

仮面舞踏会を上演するに当たり、マラーホフ氏はキャスティングと本番に、私は三回キエフに行き指導させていただくことができました。
このような機会を与えていただいた事に本当に感謝の気持ちです。
ベルリン国立バレエ団でこの作品を上演した事はあっても、実際指導する立場になると、いかに作品を伝えるか、その大変さ、大切さが本当によくわかりました。
自分で踊っている時とは違い、それも完璧にぶれがないよう確実に、伝えられていない部分をできるようになるまで指導する、そしてマラーホフのニュアンスを確実に伝える。という課程は最初は私にとってもチャレンジでした。
しかも、ステージリハーサルなどではマイクを持ちロシア語で指示を与える、これもチャレンジでした。
しかし、バレエ学校の先生方は素晴らしい方々ばかりで暖かく良い雰囲気の中リハーサルを進めることができました。
マラーホフ氏が、リハーサルをご覧になったのは本番の前日。
生徒も先生方も私も、彼の評価に少しドキドキしながらのリハーサルで、子供達も緊張しているのが踊りからわかりましたが、細かい部分、一部を除いて全体的には「マラジエッツ」とても良い、と嬉しそうで皆もホッと一安心。バレエ学校や、子供達にとってウラジーミル・マラーホフから直接指導され、教えていただき彼の作品を踊れるのは宝物になったと思います。

1412emi03.jpg 1412emi04.jpg
1412emi05.jpg 1412emi06.jpg

公演は、一部の小作品集で低学年から卒業生までが生き生きと踊りました。
二部は、「仮面舞踏会」。
本番は一番良い出来だったと思います。これから、プロのダンサー、バレリーナとして活躍していく卒業生が四季のプリンシンシパルパートを踊りました。カンパニーでも高度なテクニックを要するこの作品を2ヶ月間精一杯リハーサルし、本番では出来る限りの全ての事を出し切り、マラーホフ氏も満足の表情で生徒達を祝福しました。
終演後は、子供達も今まで見せた事のない満面の笑みで写真撮影会!先生方をはじめ、皆大満足の一時になりました。

1412emi08.jpg (C)Emi Hariyama(すべて)

来週は、ラトビアのリガで子供ダンスフェスティバルに参加する為、東欧に行きます。
また色々レポートします。

2014年、皆様に助けていただき、御力をいただき感謝の気持ちで一杯です。
私にとってはある意味チャレンジしたかった事が少し実現出来た変化の年でもありました。
今後も、ヨーロッパ、アメリカ、日本、ロシアの架け橋として色々とチャレンジしていきたいと思います。
2015年もどうぞよろしくお願いいたします。